対馬ゆかりの「ひと」をご紹介するこのシリーズの2人目は、「癒し処 ゆるる」の店主 國分 竜さん(36歳)です。
f0207669_9555254.jpg

 國分さんは、上対馬町舟志ご出身。北九州市八幡西区で修業後、現在、福岡市東区名島駅近くで、ボディケアのお店を営まれています。
f0207669_9582098.jpg

 私(磯貝)さっそく癒されています。ソフトな揉みほぐしでリラックスした後は、中国式足裏マッサージ。ちょっと痛いけど、スッキリしました。國分さんに、このお仕事をしていてやりがいをお聞きすると、「日によってお客さまの体調もそれぞれ、人によっても違う、人と触れ合うことが好き」とのこと。
 商店街の清掃ボランティアにも積極的に参加、人との繋がりを大切にされています。最後に故郷対馬に対する想いやお気に入りの場所は?「20年近く対馬を離れていても、思い出すのはオメガ塔(※)。そしていつかふるさとで対馬を癒したい。」國分さん、これからも沢山の方の心と身体をほぐしてくださいね。取材へのご協力有難うございました。

 対馬出身皆さんに耳よりなお知らせです。「対馬出身」と言って頂くと無料で10分間の延長サービス致します。
f0207669_1001452.jpg

                    ちょっとひとやすみ・・・
      
癒し処ゆるる 福岡市東区名島2丁目41-8 092-672-2672

國分さんのブログ。「癒し処ゆるる日記」
癒し処ゆるるフェイスブックページも!

(※)オメガ塔・・対馬舟志湾にそびえていた当時東洋一の高さだった電波塔。(455m)ちなみに  東京タワーは333m。東京スカイツリーは634m。GPSの普及により、平成11年に解体され、跡地は公園として整備されました。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-28 10:42 | あう

 カルビーが、期間限定で販売している夏ポテトに対馬の浜御塩が使われています。夏ポテトは1993年に地域限定で販売されて、今年で20年目。夏しか会えない、夏にぴったりのポテトとして定着しています。
f0207669_1331717.jpg

 他のスナック菓子と並んでも、一際目立つ「対馬の浜御塩」の文字!対馬の美しい海で取水した海水のみを使って、じっくり炊き上げた「浜御塩」を中心にブレンドした塩味は、厚切りした新じゃがチップスによく合います。
f0207669_13325217.jpg

 対馬の海の味が口の中に広がる夏ポテト。家族や友人との楽しい時間にどうぞ!

カルビーホームページ(夏ポテト)http://www.calbee.co.jp/natsu/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-26 13:38 | たべる

磯貝、TVに出演!?

f0207669_13302185.jpg

 ここは、株式会社NTT西日本―九州。私、磯貝は社員様向けのお中元商品をPRする社内番組の収録のため打ち合せをしているところです。
 実は、写真を撮られるのが苦手な磯貝。ましてライトを浴び、カメラ前で話すなど初めての事。(小学生の時NHKのローカル番組に出演した事はありますが)しかし愛する対馬の為、頑張りました(笑)
 NTT西日本―九州さんの社内販売では、去年からアジの開き、スルメの一夜干し、どんこ椎茸など、対馬の特産品を数多く取り扱って下さっています。

f0207669_1331557.jpg

  今回お勧めしたいのは対馬の魚セットと煮あなごセット。引きつる笑顔で違うカメラ目線の私を、メインキャスターを務める山脇さんがフォローしてくれました。お中元で沢山利用して頂いて、対馬の素晴らしいお魚の味を知って頂ければと思います。
 緊張のあまり、NG連発でしたが、最後はPRコメントを即興でバッチリ決めた私(笑)。
 「国境の島 対馬は、海の幸山の幸が豊富で、大自然が残る神秘の島です!・・・・・」と、人前で対馬をPRするのがすっかり楽しくなりました。

f0207669_13312663.jpg

 私のために用意していただいたカンペ。スタッフの皆さん。有難うございました!
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-20 13:18 | あう

7月5日は何の日?

 いきなりですが、7月5日は何の日かご存知ですか?答えは・・・あなごの日。7(な)5(ご)の語呂合わせだそうです。
 土用の丑の日には鰻を食べる習慣がありますが、姿、形が似ている穴子には鰻と同じように、ビタミンAやカルシウムが豊富。夏バテで食欲がない時もあっさり食べられる、スタミナのある魚です。
 穴子と鰻の主な特徴は、
  穴子・・・上あごが出ている。
       白い斑点がある。
       さっぱりした味。脂は鰻の半分。
       海に生息。
  鰻・・・・下あごが出ている。
      味はこってり。
      川と海に生息。
 実は、対馬は全国でも有数の穴子の産地。長崎県の穴子類の水揚量942t(H20年)のうち890tが対馬産なんです。餌が豊富な対馬海流で育った穴子は、身が締まり程良く脂がのっています。

f0207669_94334100.jpg

                   活き〆した対馬の穴子

f0207669_10282417.jpg

                   みなとの華れの煮穴子丼

 本格的な夏を前に穴子を丼でいかがですか?穴子をふっくら煮る方法は、鍋に穴子が隠れる位の水と酒を半々に入れ、落とし蓋をして強火で煮ます。最後に砂糖か味醂を少々、しばらくして醤油を入れ、ザルにあげます。とろける食感をご家庭でもお試しください。


 ご家庭でも簡単に料理出来る穴子開きや煮穴子がお買い求めいただける「とよたま物産店」の通販サイト  http://toyotama-bussanten.shop-site.jp/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-19 11:12 | しる

 自然豊かな対馬で育った私(早田)ですが、最近発見したものがあります。最近まで住んでいたのに、全くその存在も知らなかった対馬の紅茶。
f0207669_15301029.jpg

 紅茶にはちょっとうるさい私ですが、とても飲みやすく、甘みもあり、対馬の自然の恵みに癒されます。
 茶摘みは、毎年5月の上旬。対馬紅茶(品種は紅ふうき)は、対馬でしか出せない香りと風味があり、お湯を注いで3分待って飲むのがお勧め。対馬紅茶で一息してみませんか?対馬やまねこ空港、JA対馬直売店のスーパーで販売しています。
f0207669_1531917.jpg

アイスティーにしても楽しめます!

  問い合わせ 大石農園 
    住所 〒817-1603
        長崎県対馬市上県町佐護東里1384
    ℡   0920-84-5176 
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-15 15:36 | たべる

 対馬市福岡事務所では今年も、対馬市の観光PR等を積極的に行っていただけるお店を「つしまヂカラサポートショップ」として登録し、対馬市のPR作戦を展開します。福岡市及び近郊で、対馬の食材や物産等を扱っているお店、対馬の料理を出しているお店、対馬出身者のお店をご存知の方、ぜひ対馬市福岡事務所までお知らせください。
 早田・磯貝が取材に伺い、ブログにてご紹介させていただきます!
f0207669_1635972.jpg

早田 裕子 
対馬学や対馬旅行企画担当。
対馬出身の人脈を発揮。
情報を駆使し、ふるさと対馬を盛り上げていきます。
f0207669_1662177.jpg

磯貝 麻里子
対馬観光物産担当。
対馬の海の幸・山の幸を生かしたPR商品の企画や宣伝をしています。
f0207669_169785.jpg

対馬市福岡事務所のしまひこ(ツシマヤマネコ)です。情報をお待ちしています。

ご連絡先 長崎県対馬市福岡事務所
  TEL092-481-6411
  FAX092-292-8786
  Emailアドレス info@240navi.com         
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-11 16:17 | しる

f0207669_162656100.jpg


 「博多駅で蛍が見られる!」という噂を聞きつけ、仕事帰りにJR博多シティの屋上へ行ってみました。ビルの屋上とは思えないほど緑に囲まれた「つばめの杜ひろば」は憩いのスペース。展望テラスからは福岡の街並みや博多湾を見渡す事が出来ます。蛍が生息出来る環境を人工的に再現した「ビオトープ」で幼虫から育てたゲンジボタルを、6月中旬頃まで見ることが出来る「ホタルの小庭」はネットで囲まれた空間。都会のオアシスといった風情です。
 でも、対馬の蛍の乱舞を知っている人にはちょっと物足りないのです!「対馬の蛍が見たい!」とウズウズしていたところに素敵な写真が届きました。
f0207669_16361156.jpg

 まずはゲンジボタル。本州、四国、九州に分布する日本固有種。1分間に23回ほど発光し、水がきれいな川に生息します。

f0207669_16373254.jpg

 続いてツシマヒメボタル。1分間に70回から80回ほどフラッシュのように明滅する光は非常に幻想的です。陸生のこの蛍は、世界でも対馬でのみ見ることができる蛍です。

f0207669_16383968.jpg

 最後はアキマドボタル。こちらは中国、朝鮮半島、対馬に分布していて、名前のとおり9月から10月にかけて川辺の草むらや畑に現れ、ゆっくりと明滅。赤い彼岸花と蛍。対馬らしい組み合わせです。

 日本系、大陸系、そして対馬固有の蛍が混生する独特の生態系を持つ対馬。蛍を見るならオススメの島です!(写真提供:厳原町在住の柳田さん)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-07 16:45 | みる

f0207669_1321596.jpg

 雨に濡れる石畳が絵になるオランダ坂。長崎には何度も来てますが、オランダ坂を見るのは人生初めての早田、対馬の赤米を使ったシフォンケーキを作っているお店があると聞いてやってきました。
f0207669_13225847.jpg

 そのお店は、「潤練JyuRe (じゅれ)」
 対馬の南端豆酘での神事で使われている「赤米」の消費拡大の為、ケーキの材料として使用して頂いています。オーナーパティシエ後藤郁子さんは、「赤米のシフォンケーキを作る時は、神聖な気持ちで一粒も無駄にしないようにしています。このケーキをお祝い等に使ってもらい、赤米を広くPRしたい」と熱く語って頂きました。
f0207669_1325940.jpg

 対馬産の、つばき油、蜂蜜、日本酒も使われている対馬にこだわったケーキは、赤米の食感と香が楽しめます。
f0207669_13255854.jpg

 潤練の特製ジュリーソースと一緒に食べると、美味しさが一層ひきたちます。事前の注文に応じて後藤さんが焼き上げますので、食べてみたい方はご連絡を!

 問い合わせ  「焼き菓子 潤練 JyuRe」
    住所   長崎県長崎市大浦町5-49    TEL   095-895-9168

 対馬で赤米の田植えが行われ、歌手の相川七瀬さんが参加。「赤米諮問大使」になっていただきました。長崎新聞ホームページ
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-04 13:28 | たべる