5月19日、マリンメッセ福岡で開催された食品関連の展示会「西日本食品産業創造展」に行って来ました。会場の一番目立つところに「浜御塩」や「藻塩」を製造されている株式会社 白松のブースを発見、お話を伺いいたしました。昨年10月から、亀田製菓の「塩えびあられ」に「浜御塩」が使われていて、これがローソン限定の商品だそうです。カルビーの期間限定商品「夏ポテト」に続く全国展開ですね。
f0207669_14473016.jpg
 
 味も美味しく仕上がってます!
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-28 14:51 | たべる

 5月24日付けの西日本新聞朝刊第2面の特集「最前線2010福岡発」に対馬市福岡事務所が写真付きで掲載されています。福岡事務所開設から1年を迎えた対馬市。同じく福岡市に事務所を開設した松浦市とともに、その活動とこれからの課題という内容で紹介していただきました。松浦市福岡事務所の方とは、会議やイベントなどで良く顔を合わせ、福岡でがんばる仲間として情報交換などをしています。
 記事では佐世保、雲仙、長崎が今年10月に3市合同のアンテナショップを出店すると紹介。また26日付けの日本経済新聞に、佐賀県酒造共同組合が、佐賀の地酒を提供する居酒屋スタイルのアンテナショップ「さが蔵」を6月25日に中央区春吉にオープンするとの記事を見つけました。九州の人と物が集まる福岡でお互い協力してがんばりましょう!
f0207669_1521176.jpg

佐世保、雲仙、長崎のアンテナショップは博多座付近の商業ビルに出店予定。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-26 15:22

 福岡在住の対馬出身者でつくる「福岡対馬会」の第36回定期総会・懇親会が次のとおり開催されます。先月は対馬旅行に出かけるなど、ふるさと対馬の発展のため積極的に活動している福岡対馬会。現在会員数約250人ですが、福岡にはまだまだ対馬出身者がいるはず!ということで、特に若い世代の皆さんの参加をお待ちしています。対馬出身者のネットワークを構築し「対馬」を盛り上げましょう。

 ◎第36回定期総会・懇親会
  日時  平成22年6月20日(日) 12:00~15:30 (11:00受付開始)
  場所  八仙閣本店 福岡市博多区博多駅東2-7-7
  会費  男性6,000円 女性5,000円 

 ◎福岡対馬会への加入については  電話090-9562-0462(梅野)
                            090-6297-2163(三山)

昨年度の総会の様子。ふるさとの話に花が咲きます!
f0207669_1356970.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-21 13:57

 マリンメッセ福岡で開催中の西日本食品産業創造展で、対馬のアナゴを使った「焼穴子ずし」を見つけました。開発したのは糸島市の日本鮮食株式会社さん。会場でお話をお伺いしたところ、新鮮な魚を骨ごと食べられる新しい加熱製法で焼き上げ、電子レンジで加熱するだけの画期的な冷凍食品。まもなく販売を開始しますとのこと。それは食べなくてはいかん!ということで、事務所に戻ってスタッフ全員で試食です。
 パッケージはごらんのとおり。本当は袋に入っていてそのままレンジでチン!500Wで3分30秒くらいです。
f0207669_10195986.jpg

 お皿に並べてみました。焼き穴子の香ばしさが口いっぱいに広がってなかなかのお味。 
f0207669_10205147.jpg

 手軽で簡単な「焼穴子ずし」 お問い合わせは日本鮮食株式会社まで。
 福岡県糸島市二丈深江2142番地3 電話092-325-1278
 ホームページ http://www.nihon-sensyoku.co.jp/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-20 10:24 | たべる

 “とんちゃん”で交流を始めた田川市の「田川ホルモン喰楽部」の方が、今月初めの「ひとつばたご祭り」で対馬においでになった際、「今度は、福岡県の五大祭りのひとつが田川市であるので是非」と声を掛けていただいたのでお邪魔してきました。
 正式には「風治八幡宮 川渡り神幸祭」といい、福岡県の無形民俗文化財第1号に指定された400年以上も続く伝統の祭りです。いわれなど詳しくはネットで調べていただくとして、2基の御輿と11基の山笠が男衆に担がれて川を渡っていく様は、「勇ましい」の一言に尽きます。また、山笠は造りが精巧でありながら、人が屋根の上に乗ってガブリ(山笠を前後に揺らすこと)を激しくやっても壊れない丈夫さに感激。「壊れたら造り直すのにいくらかかるだろう?」と思わず考えている自分が情けないですね。
 祭りと言ったらやっぱり露店です。神社の前には多くの露店が並んでいました。さすがに金魚すくいはしませんでしたが、焼そばやかき氷など、祭りならではの食べ物を楽しんできました。 (武末)

f0207669_1549677.jpg
          川に入りガブリをする山笠(左)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-17 15:57 | しる

対馬観光物産協会のブログでも紹介しましたが、まだご覧になっていない方にお知らせです。

明日5月15日(土)、旅番組『朝だ!生です旅サラダ』の「ゲストの旅」のコーナーで対馬の旅がオンエアされます。

撮影は4月22日~24日、島内各所で行われました。
今回の旅人は、映画・ドラマ・バラエティーなどで活躍中の俳優・勝村政信さん。
シーカヤックで海に漕ぎ出したり、対州馬の乗馬にトライしたり、対馬だからこそできるアクティブなレジャーを楽しみます。また、ろくべえや石焼料理に舌鼓を打ち、異国の見える丘展望台で国境の島ならでは景観を楽しんだり、ツシマヤマネコに会いに行ったり・・・と、盛りだくさんの内容です。

土曜の朝のゆったりしたひと時、「対馬の旅」をどうぞお楽しみください。

「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系列)
  毎週土曜8:00~9:30放送
  http://www.asahi.co.jp/tsalad/
  福岡・対馬では、KBC 九州朝日放送で見ることができます。

勝村政信さんプロフィールhttp://www.siscompany.com/02manage/26katsumura/00.htm
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-14 13:46 | みる

 今年の2月に春吉のホテル「イル・パラッツオ」で孝行麺を試食していただいた異業種交流会「VIVEの会」。今度はお持ち帰りいただくお土産として、孝行麺、対州そば、地鶏椎茸スープをセットで70人分お買いあげいただきました。今回はご予算に合わせて提供できるよう、対馬から商品を段ボールでまとめて送ってもらい福岡事務所でパッキングしました。
f0207669_1592282.jpg

f0207669_1510993.jpg

 会場は前回と同じイル・パラッツオ。まず「話題の農業ベンチャーが儲かる仕組みを作る」というタイトルで、食と農のコンサルティング事業や産地と売り手のマッチング(つなぎ手)事業などを手がけている会社の社長の講演。農業が魅力的な職業になり儲かる産業として成立する事を理念に活躍されています。そのあとは希望者によるプレゼンテーションで、この機を逃す手はありません。ご購入いただいた商品のPRです。
f0207669_15142993.jpg

 プレゼンの後は懇親会を兼ねて参加されたみなさんと名刺交換。対馬に行きたいという方、友だちが対馬にいるという方、仕事で行ったことがある方、そして対馬出身の方......講師の方に負けないよう対馬と福岡のつなぎ手となるべく情報収集です。会も無事に終わり、お帰りになる皆さんに「対馬の商品を気に入っていただけますように」と願いを込めて商品を手渡します。もちろん中には商品注文書が入っています。
f0207669_15165719.jpg

 すべてが終わり、「VIVEの会」事務局の方々と反省会。「次は対馬旅行の企画を!」と盛り上がったところでお開きになり、時計をみると日付が変わっています。とぼとぼと歩いて帰宅、博多駅筑紫口の「さあ間も無く我が家」というところで気がついてしまいました。ポケットに「あるべき物」がない事に。なんと全ての鍵を事務所の机の上に置いたままでした。(ガ~ン)家にも事務所にも入れません。仕方なくこの日はカプセルホテルで一夜を過ごしましたとさ。(阿比留)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-13 15:18 | あう

問い合わせ殺到中!

 本日、KBCテレビ「アサデス。九州・山口」でオンエアーされました「対馬とんちゃん」。放送終了後から問い合わせが殺到しています。さすが九州ナンバー1の栄冠は伊達じゃない。対馬が誇る国境の味。まだ体験していない方は是非お試しください!
 「対馬とんちゃん」の問い合わせは「対馬とんちゃん部隊」事務局(対馬観光物産協会)
0920-86-4838までどうぞ!おかけ間違いのないようお願いします。

手厚い(手荒い?)歓迎を受ける山田としあきリポーター
f0207669_1123596.jpg


目を見張るおいしさ!対馬とんちゃん!
f0207669_11242158.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-10 11:29 | たべる

 九州自動車道の基山PA(パーキングエリア)は、1日94,000台以上の車が走る筑紫野インターチェンジと鳥栖ジャンクションの間にありますが、ただの休憩所と思うなかれ!最近のパーキングエリアはすごいことになっています。
 コンビニ、ハンバーガーショップ、カフェはもちろんですが、ショッピングコーナーやスナックコーナーがあって、「ここでしか買えない・食べられない」という基山PA限定の商品やメニューがかなり充実しています。
 そんな基山PAの下り(福岡から鹿児島に向かう方)は全面リニューアル工事中なのですが、この度スナックコーナーが新装オープン。そこに対馬のアナゴを使ったメニューがある!という噂を聞きつけ行ってきました。対馬のアナゴとアジをカツにした「対馬定食」と「対馬あなご丼」。どちらも素材が新鮮で納得のおいしさです。
 基山といえばその昔対馬藩の領地だったところ。基山で対馬のアナゴが味わえるなんてやはり何かご縁があったのかも。さらに、アナゴを堪能してぶらぶら歩いていると敷地の一角に植えられたヒトツバタゴが白い花を咲かせていて、ますますこの地と対馬との縁を感じたひとときでした。

対馬定食(上)と対馬あなご丼(下) 是非お試しあれ!
f0207669_13225010.jpg

f0207669_13234910.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-07 13:26 | たべる