(最近、あなごの話題が多いという声も聞こえますけど.....)
 大名にある「九州の旬 博多廊」では、長崎の特産品を使ったランチメニューが楽しめます。長崎県産活さばのゴマ鯖丼、長崎五島うどんの地獄炊き膳、長崎卓袱膳の3種があり、長崎県各地の味を一度に楽しむことができます。「長崎五島うどんの地獄炊き膳」には対馬産穴子の棒寿司と松浦産野菜の天ぷらがついており対馬、五島、松浦による味のコラボレーション。これは食べずにいられないということで行って参りました博多廊。対馬産穴子は主役の五島うどんに負けない存在感。「穴子がとろけて口の中に広がるかおりが最高です」という声も。近くにお越しの際はぜひお試しを!「長崎県特産品を使った新メニュー」は3月15日まで。ランチだけでなく逸品料理、ギフト用の商品も用意されています。
f0207669_8231663.jpg

↑「長崎五島うどんの地獄炊き膳」で味わえる対馬産穴子の棒寿司

九州の旬 博多廊
http://www.hakatarou.jp/menu/nagasaki.html
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-25 08:32 | たべる

 今回はパン屋さんの話ではありません。対馬の塩をプレゼントというお話です。
 西日本新聞社が発行している「フクオカ・ビィーキ」3月1日号のプレゼントコーナーに株式会社白松さんにいただいた「焼塩」と「藻塩」を提供しました。
 「フクオカ・ビィーキ」は30代の働く女性をメインターゲットとしたフリーペーパーで、毎月2回約67万部が福岡市内のご家庭にポスティングされているほか、福岡市役所、西鉄大牟田線の主要駅、博多駅交通センター、アクロス福岡などにもおいてあります。
 さあどれくらいの応募が来るのか。今から楽しみです。プレゼントへの応募締め切りは3月8日(月)。ハガキの他、ホームページやケータイからも応募できます。
f0207669_14203065.jpg

 プレゼントコーナーは最終面です。

フクオカ・ビィーキ
http://www.bi-ki.jp/pc/index.php?id=2012000000

株式会社 白松
http://www.hakumatsu.co.jp/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-24 14:24 | たべる

 第3回目の『「対馬学」への招待』を2月21日日曜日、アクロス福岡で開催、約70人の歴史ファンが集いました。講師にお招きしたのは写真家の仁位孝雄さん、県立長崎大学シーボルト校教授の徐賢燮(ソ ヒョンソプ)さんのおふたり。仁位さんは厳原町出身で元長崎県職員。対馬支庁長をつとめられ、現在は写真家として活躍。約20年前から朝鮮通信使をテーマに日韓両国の縁の地を撮り続け、2009年1月には両国の友好親善への貢献がみとめられ韓国外交通商部長官表彰を受章されています。また徐さんは福岡や横浜で総領事、駐ローマ法王庁大使もつとめられた元外交官で、1990年宮中晩餐会での盧泰愚(ノ テウ)大統領のスピーチの中で、対馬藩に仕えた雨森芳洲を取り上げ、当時日本の歴史からは忘れられた存在だった芳洲が大きく注目されるきっかけを作られた方です。

f0207669_15351259.jpg

       ↑仁位孝雄さん(写真家)

f0207669_15375322.jpg

       ↑徐 賢燮さん(長崎県立大学シーボルト校教授)
 
 今回のテーマである「日韓交流の歴史」を語るうえでこれ以上ない講師陣。仁位先生はこれまで各地で撮影された写真を交えて朝鮮通信使の足跡を紹介。徐先生はNHKの「クローズアップ現代」に出演された時のVTRをご持参いただき、江戸時代に先進的な国際感覚を持っていた雨森芳洲についてお話しいただきました。
 受講者からは「時間が非常に短く感じられた有意義な講演でした」という声を多くいただき、歴史のジャンルには根強いファンがいると実感。朝鮮通信使や雨森芳洲が果たした役割を大きなホールでもっとたくさんの方に聞いていただくこともできるのではないか。また「対馬学」を日本だけでなく韓国の方にも聞いていただくことにより、現代の日韓のパートナーシップ構築に寄与できるのではないか。お二人の講演を聞きながらそう考えました。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-23 15:41 | しる

 先日の対馬食(グルメ)フェアでも好評だったサツマイモのでんぷん質から作った孝行麺。さらにPRをすすめようと、2月16日、春吉にあるホテル「イル・パラッツォ」で孝行麺の試食会を実行しました。お世話していただいた「VIVEの会」は、阿比留が度々お世話になっている異業種交流会で、ことある毎に対馬のPRの機会をいただいています。
 今回は「イル・パラッツォ」の協力を得て、麺をゆでスープを温めていただき、懇親会の食事として提供させていただきました。果たしてその反応やいかに!
 食後のアンケートによるとなかなかの好感触。多くの方が「また食べてみたい!」とのことでした。好評につき次回はお土産として購入いただけるようアプローチしているところです。またこの日は蜂蜜とお酒も味見していただきこちらも好評、蜂蜜のご注文を数件いただきました。
f0207669_1230211.jpg

↑孝行麺の試食には行列が!
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-19 12:31 | あう

 福岡市役所前で開催されていた福岡マルシェ(農林水産省企画の直売所支援事業)をのぞいたら、唐津の「とんこば」というパン屋さんが「うちは米粉パン。対馬の塩を使ってます」とのこと。「有り難うございます。」ということであんぱんとくるみパンを買ってみました。米粉のパンはしっとりとした食感がくせになりそうな美味しさです。ホームページでも対馬の塩を紹介いただき、その「こだわり」に対馬人として心から感謝いたします。
f0207669_10563624.jpg

↑写真はクルミパン わさび漬けを塗って食べるとお酒が進むとか。

天空の郷 とんこば  唐津市浜玉町東山田 電話092-432-6820
http://tonkoba.com/kodawari.html
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-18 11:05 | たべる

 再開発が進む博多駅とその周辺。2011年春の全線開業予定の九州新幹線鹿児島ルートの発着駅となり、新駅ビルには阪急百貨店、12のスクリーンを持つシネマコンプレックス、東急ハンズなどが入居する予定。また地下鉄七隈線がキャナルシティを経由して乗り入れる計画もあり、福岡の人や物の流れが大きく変わるのではと言われています。そんな博多駅構内にある福岡市観光案内所には、九州各地の観光パンフレットを揃えたコーナーがあります。「対馬も負けられない」ということでガイドマップをおいていただきました。地味な作戦ですが一日約17万人が利用する博多駅。一人でも多くの方に手に取っていただきたいものです。
f0207669_9582961.jpg

写真を撮りながら「対馬のパンフを~」と念じる。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-17 10:06 | あう

 2月4日から始まった対馬食(グルメ)フェアは、飲食店、流通、旅行社、報道などおよそ70人のお客様を招待しての「トロの華カーニバル」でいよいよクライマックス。40kgのマグロの解体ショーは迫力満点!携帯電話やデジカメで写真を撮る人が、マグロをずらりと取り囲みました。
f0207669_10552170.jpg

↑テレビの取材も入りました。

f0207669_1057192.jpg

↑マグロだけではありません。旬のブリやアカムツなどを使った豪勢な舟盛。

f0207669_10592567.jpg

↑対馬のお酒も勢揃い。つぎはどれにいく!

f0207669_1113453.jpg

↑スイーツの対馬代表「かすまき」。アイスクリームには対馬の蜂蜜がかかってます。ぜいたくのきわみ。

f0207669_114978.jpg

↑地鶏も洋風にアレンジしておしゃれな一品に。

 渡辺通りから天神まで、対馬の逸品が福岡の街を飾った7日間!足を運んでいただいた皆さま、料理や音楽で盛り上げていただいた皆さま、ご協力いただいたすべての皆さまに感謝いたします。今後とも対馬の食材をごひいきいただきますようよろしくお願いします。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-16 11:10 | たべる

 対馬食(グルメ)フェアは、渡辺通りの百旬館から天神のパサージュ広場に会場を移して、2月11日まで絶賛開催中です。残りあと二日、多彩なイベントを準備して皆さんのお越しをお待ちしています。
f0207669_2144333.jpg

初日、FBSの取材が入り夕方のニュースで放送されました。

f0207669_21472030.jpg

福岡のシェフによる調理実演。対馬の食材を使った料理は試食もできます。

f0207669_21505774.jpg

KBCラジオパオーンで生告知。おすぎさんも対馬の食材を使った料理に舌鼓!

f0207669_21525496.jpg

今日のおすすめはこの一品!

f0207669_21531631.jpg

料理だけでなく音楽も楽しめる対馬食(グルメ)フェア!

f0207669_21532936.jpg

パサージュ広場でお待ちしています。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-09 21:58 | たべる

 愛称を募集していた遠距離恋愛中のツシマヤマネコたちの名前が決まりました。日本各地から100件ちかい応募があり、どれもかわいい名前で、「これがいい」「いやこっち」だと意見が分かれましたが、厳正なる投票の結果、次のとおり決まりました。

 男の子  しまひこ 
 女の子  たまひめ 

 愛くるしくて、古風で、対馬らしくていいと思いませんか!採用された名前を応募していただいた方には、賞品の対馬特産品をお送りしますので今しばらくお待ちください。
 今後とも福岡で対馬をPRする「しまひこ」、対馬で留守を預かる「たまひめ」をよろしくお願いします。2人は2月8日からパサージュ広場で開催する「対馬食フェア」第2弾では久しぶりに再会する予定です。
f0207669_14525990.jpg

愛称が決まって喜ぶ しまひこ(右)、たまひめ(左)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-03 14:56 | あう

 2月4日から6日まで、渡辺通りのたべごろ百旬館で開催する「対馬食フェア」には、完成したばかりの新商品が登場します。その名も孝行麺(こうこうめん)。さっそく届いたばかりの「孝行麺」を味見してみました。冷凍の麺を軽くゆでて、解凍したスープをかけたらできあがり。熱いところをいただきます!
f0207669_17581270.jpg

 麺のコシ、プルプル感がたまりません。スープとの相性もバッチリ。もうやみつきになりそうなおいしさです。「孝行麺」の正体が知りたい方。対馬食フェアであなたの舌で確かめてください。限定50食ですがアンケートにお答えいただくと特別価格200円でお試しいただけます。(アンケートの時間は未定)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-01 18:04 | たべる