2月から3月の2ヶ月間、KBCラジオに対馬のCMが登場します。
放送時間は毎週水曜日の5時55分、7時55分、9時54分、11時50分、13時55分、14時55分、16時55分、23時55分の1日8回。「KBC朝日新聞ニュース」への提供クレジットとともに20秒間のコマーシャルを放送。バックに流れる元気なCMソングも要チェックですよ。
 対馬が冠スポンサーとなる記念すべき第1回目の放送は、2月3日水曜日朝5時55分です。皆さん!この日は早起きしてKBCラジオをお聞き逃しなく!
 
CMを聴くには 対馬観光物産協会HPへ
http://www.tsushima-net.org/event/schedule.php
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-27 15:49

 (有)対馬かまぼこ店の島居さんが事務所にみえました。島居さんは豊玉町で水揚げされるあなごを「黄金あなご」としてブランド化された方で、あなごを生きたまま輸送し、日本全国の皆さんに黄金あなごの旨さを知っていただきたいと日々頑張っていらっしゃる社長さんです。
 お話をうかがい島居さんが卸している「釣船茶屋ざうお」天神店へ黄金あなごを食べに行きました。天神から北へ、もう海に近い長浜のKBC九州朝日放送の近くにお店があります。店内にはなんと広いいけす。大きな船が2隻もあり、そこが客席になっています。いけすには鯛やヒラメ、アジやあなごなどが泳いでいて、魚釣りも楽しめるというユニークな店です。釣った魚はその場で料理してくれます。
 「ざうお」では、黄金あなごの天ぷらとお造りが食べられます。黄金あなごの天ぷらはさくさくほくほく。上質なあなごの美味しさが口いっぱいに広がりビールを飲みながらいくらでも食べられます。お造りは皮つきのあなごを軽くあぶり厚切りにしたもので、ふわふわぷりぷりとした食感です。こちらは日本酒でしょうか。あなごというと身が薄く、淡白な味というイメージの方もいらっしゃるでしょうが、対馬のあなごは違います。肉厚で深い味わいと旨さがあります。
 対馬のあなごをまだ食べた事のない方、ぜひぜひ一度ご賞味ください。あなごの概念が変わりますよ。
 対馬のあなごってこんなにウマイんです!!

(有)対馬かまぼこ店
〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位2091-3  TEL: 0920-58-1662
  (黄金あなごの他に「あじカツ」も有名です。)

「釣船茶屋ざうお」天神店 http://www.zauo.com/
〒810-0072 福岡市中央区長浜1-4-15  TEL:092-716-9988 
 営業時間:月~金 11:30~15:00 17:00~24:00  土日祝 11:30~24:00
(「釣船茶屋ざうお」は福岡に5店舗、他東京や大阪などにもあります。)


f0207669_14263656.jpg
           黄金あなごの天ぷら
 
f0207669_1427488.jpg
           黄金あなごのお造り
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-26 14:47 | たべる

 20日のブログでお知らせした「斉藤ふみと学ぶ 対馬の魅力 はじめてのトレッキング講座」が1月23日、赤坂のよみうりプラザで開催され、募集定員50名のところ最終的に80名以上の方に参加していただきました。
 始まる前に、司会をしていただく斉藤ふみさんにご挨拶。お土産に蜂蜜とお塩を持ってしっかりPRさせていただきました。斉藤さんは、テレビのイメージどおりの華奢でとっても可愛い女性。なんとトレッキング経験ありということで、ここはひとつ対馬の龍良、白嶽、御嶽にご案内したいものです。
 登山家松尾和俊さんにトレッキングの基礎知識を教えていただいたあと、アウトドアショップの甲斐智樹さんによるウェアやシューズの選び方指導では、斉藤ふみさん自らがモデルになりリュックを背負ったりシューズを履いたりと、初心者にもわかりやすい説明でした。
 会場には、若い女性もちらほら見えて、トレッキングブームかなりきてます。問題は皆さんにいかに対馬に足を運んでいただくか。ということで、この日は対馬観光物産協会の西さんが手作りのパワーポイントで対馬を紹介。対馬独特の自然や生態系、グルメ、歴史など、「失われつつある本物が残る島 対馬」をPR、さらに、今回の講座と連動した読売旅行の商品「はじめての対馬 自然いっぱいの離島で楽しむ霊峰白嶽トレッキング(2日間)」もご案内。1月23日付けの読売新聞の九州各県と山口版に大きく広告も打っていただきました。2月11日、19日、26日出発となっています。お申し込みは読売旅行福岡営業所 電話092-726-5581まで。

f0207669_18273735.jpg

皆様の対馬へのお越しをお待ちしています!
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-25 18:32 | しる

 今日お知らせするのは、2月4日から始まる対馬市のイベントです。ブログのタイトルをどうしようかと考えているうちに、いくつも浮かんできてどれも捨てがたくなってしまうほど盛りだくさんの内容でお送りする「対馬食(グルメ)フェア」。
  渡辺通から天神まで 「対馬のうめェ しなが たいそ つんのーてきます!」

 第1弾 日程 2月4日(木)~6日(土)毎日9:00~17:30
      場所 たべごろ百旬館(渡辺通 ホテルニューオータニ隣)
      内容 新商品「孝行麺」(サツマイモから作った新食感の麺)等の実演販売、
          海産物等の特産品販売など

 第2弾 日程 2月8日(月)~11日(木・祝日)毎日9:00~17:00
      場所 エルガーラ・パサージュ広場(天神 博多大丸横)
      内容 対馬の食材を使った調理実演、海産物等の特産品販売、ライブ演奏、抽選会など

 第3弾 日程 2月11日(木・祝日) 【招待者のみです】
      場所 福岡国際ホール(天神 西日本新聞会館16階)
      内容 対馬産養殖本マグロ「トロの華」解体ショー、対馬の食材を使った料理の試食会など

f0207669_9593128.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-22 10:07 | たべる

 癒しや健康づくりに、幅広い世代に人気が高まっているトレッキング。初心者でも気軽に楽しめるのが、その魅力。
 1月23日(土)福岡市中央区赤坂のよみうりプラザで「はじめてのトレッキング講座」(読売新聞西部本社広告局主催)が開講されます。司会はテレビやラジオで活躍中の斉藤ふみさん。新聞紙上で受講者を募集したところ、大盛況で定員いっぱいの申込みだったそうです。(申込みは締め切っています)
 続いて読売旅行福岡営業所では、「自然いっぱいの離島で楽しむ対馬霊峰白嶽トレッキング2日間」の参加者募集を計画中。トレッキングガイドが同行し、初めての方でもトレッキングを楽しむことができるそうです。(詳しくは読売旅行福岡営業所まで)

 自然あふれる「癒しの島」対馬には、国の天然記念物に指定されている山がいくつかあります。
 神山だったため太古の照葉樹林の原生林が残る龍良山(たてらさん)、照葉樹林の中にモミの巨木が混じる不思議な原生林の御岳(みたけ)、日本と大陸系の高山植物が混成する霊峰白嶽(しらたけ)など。
 登山愛好家だけでなく、植物や自然が好きな方、トレッキング初心者の方も対馬の山に登ってみませんか?きっと心に残る素晴らしい感動体験ができると思います。
 あなたも今年トレッキングに挑戦してみませんか?
 パワースポットともいわれる対馬の山々が待っています!!

読売旅行福岡営業所  http://www.yomiuri-ryokou.co.jp
〒810-0042  福岡市中央区赤坂1-12-15読売福岡ビル
TEL/092-726-5581

f0207669_9522131.jpg

                    白嶽山頂から浅茅湾を臨む
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-20 09:55 | しる

 3回目となる『「対馬学」への招待』は、「海の十字路 対馬 その2」と題して「朝鮮通信使」と「雨森芳洲」をテーマにお送りします。
 対馬ファン・歴史ファンの皆さん、ぜひご参加ください。
 定員は70名です。先着順ですのでお早めに申し込みを!

日時:2月21日(日)午後1時受付開始 
               1時30分開講(4時終了予定)
場所:アクロス福岡 2階 セミナー室2
受講料:無料

・第1部 写真で見る朝鮮通信使の道
 講師:仁位孝雄(にいたかお)氏(写真家)

・第2部 誠信外交官 雨森芳洲
 講師:徐 賢燮(そひょんそぷ)氏
      (長崎県立大学シーボルト校 教授)


申込み・問い合わせ先 対馬市福岡事務所
     電話 092(481)6411 FAX 092(292)8786

E・MAIL tsushima.f2@aroma.ocn.ne.jp
f0207669_10531168.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-12 10:16 | しる

 ご存じの方も多いと思いますが、福岡市動物園ではツシマヤマネコの飼育下繁殖事業に取り組んでいて一般公開も行っています。
 年2回発行している「動植物園だより」の最新号である平成21年秋冬号の表紙を飾っているのは「ツシマヤマネコ」です。特集記事では「みんなで守ろうツシマヤマネコ」というタイトルで、ツシマヤマネコの生息数が減少している状況や福岡市動物園の取り組みについて詳しく紹介されています。
 動物園で公開されている2頭のツシマヤマネコは、時折聞くことのできる鳴き声がかなりの迫力。今年は寅年、福岡市動物園の主役は「虎毛の山猫」という意味で「とらやま」と呼ばれてきたツシマヤマネコかもしれません。

f0207669_9342161.jpg
          動植物園だより 平成21年秋冬号
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-08 09:39 | みる

あけましておめでとうございます。
今年も対馬の魅力を元気に発信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

『「対馬学」への招待』の第2弾はツシマヤマネコにスポットをあて、12月26日土曜日、天神のアクロス福岡で開催しました。ご家族連れや動物の勉強をしている学生さんなど、ツシマヤマネコファン35人にご参加いただきました。
 第1部は「ツシマヤマネコってどんな動物?」と題して環境省対馬野生生物保護センターの大谷雄一郎さんが講演。対馬から持ってきていただいたツシマヤマネコのフンを実際に分析し、その生態について学びました。(フンをこんなに一生懸命に眺めたのは生まれて初めてとの声も・・)

f0207669_15502697.jpg

第2部「動物園のツシマヤマネコ」では、福岡市動物園で飼育を担当されている長野理史さんと永尾英史さんに映像を交え興味深いお話を聞き、ツシマヤマネコをより身近に感じる事ができました。
(ファンの急増をビビっと感じたのか12月28日ツシマヤマネコが対馬市厳原町で保護されたというニュースも流れました。)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-07 15:54 | しる