カテゴリ:たべる( 351 )

ちょっと前のことになりますが、福岡市南区大橋で対馬の郷土料理のお店を営む「つしま亭」の内山さんがお見えになり、自社製品の「地蜂蜜カステラ卵黄力」をお持くださいました。「つしま亭」の物販コーナーで展示・販売されている商品で、特に人気があるのだそうです。

食品添加物を一切使用せず、選び抜かれた原材料に対馬の蜂蜜をプラス。甘さ控えめで、しっとりと仕上がった生地です。食べやすい大きさにカットされているため、福岡事務所のおやつタイムにもササッと出していただくことができました。美味しいカステラを、どうもありがとうございました!

郷土料理 つしま亭 http://r.gnavi.co.jp/f268000/
〒815-0033福岡市南区大橋2-15-5
TEL/092-511-9854

f0207669_17435860.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-08-03 17:44 | たべる

九州一円で57店舗のチェーン展開をしている、居酒屋「十徳や」と「さかな市場」で、「旬のこだわり(7月21日~8月31日)」という期間限定特別メニューが用意されています。この中に、「対馬産 黄金あなごの天ぷら 609円(税込)」があります!

先週の金曜日(あの豪雨の夜)、武末と阿比留(あびる)と出張で出てきていた本庁の職員とで、近所の「十徳や」に出かけました。3人はこの商品を目ざとく発見し、さっそくオーダー。ぷりぷりほくほく、風味抜群のあなごの天ぷらを堪能しました。帰り際、「このメニュー表をください」と店員さんにお願いし、下のメニュー表を頂戴してきました。また、「対馬の他の食材についてもぜひ使ってください。事務所はすぐ近くですし」とお願いしてきました。

「十徳や」か「さかな市場」にお出かけの折りは、この「黄金あなごの天ぷら」を、ぜひぜひご賞味くださいませ~。

株式会社ジェイアンドジェイ
http://www.jandj-food.co.jp/omise/jyutoku/katsu.html

f0207669_17475816.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-29 17:47 | たべる

福岡市中央区浄水通りのイタリアンレストラン「イルソーニョ」のオーナーシェフである、増田吉寿(ますだよしかず)さんより、観光物産展の1週間前くらいにお電話をいただきました。「当店で物産展のチラシを置きますから、良かったらお持ちになりませんか?」。

増田さんは、金田小学校・金田中学校・対馬高校・京都の調理専門学校を卒業。兵庫県芦屋市、東京、イタリア、福岡のレストランでの修行を経た後、3年前に独立されました。私がお伺いした平日のお昼過ぎ、やはり大人の女性たちに人気の浄水通りにあるお店です、ランチを終えておしゃべりを楽しむ奥様たちでにぎわっていました。

増田さんは、対馬産を使ったお料理を作ってみたい、そしていつの日か対馬に帰って、オーベルジュ(郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン。フランスが発祥)を経営したいとお考えです。ぜひぜひ実現していただきたいなぁと思いました。

ランチはお手頃な日替わりパスタランチ945円から。パスタ1品・パン・サラダ・コーヒー付き。コーヒーは、ほのかにダージリンの香りがある「イルガチャフィ豆」を使用しています。アイスコーヒーは水出しコーヒー。カーテンで仕切られた贅沢な作りのソファー席もあります。ぜひ一度、お出かけください。

イルソーニョ http://www.ilsogno.jp/
〒810-0028福岡市中央区浄水通り8-3浄水クレシェンド2F
TEL/092-525-1626
営業時間/11:30~16:00(OS15:00)、18:00~23:00(OS22:00)

パスタランチの小柱のクリームソースのパスタ
f0207669_1654083.jpg


デザートのガトーショコラ
f0207669_1654853.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-28 16:55 | たべる

FBSの取材中。浜崎アナウンサーもセッティングされていました。
(アナウンサーは原稿を読むだけじゃなく、取材・ディレクション・原稿作成もされるのですね)。
f0207669_1093227.jpg


蕎麦の試食コーナーで。近所のオフィスビルのOLさんたちも集まってくださいました。
f0207669_109428.jpg


暑さや1日目終了後の打ち上げでダウンされる業者さんもあり、
職員もがんばって販促活動をしました。平山(写真中央)はとてもサマになっていました。
f0207669_109516.jpg


サザエ1kg1,000円。中には10kgお買い求めの方もいらっしゃいました!
f0207669_1057225.jpg


「トロの華」ののぼりは遠くからも目立ちました。
1日目のお昼には120パックが売れ販売をストップ。2日目のお昼には売り切れました。
福岡事務所のお隣のオフィスの女性も「買えなかったですぅ…」と残念そうでした。
f0207669_1095889.jpg


抽選コーナーにて。610名もの方にご参加いただきました。
f0207669_1010585.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-21 10:10 | たべる

天気予報ではしっかり雨が降ることになっていた2日間。みんなの願いが通じたからか、日頃の行いが良いからか、なんとか降らずに持ちこたえてくれました。(17日(金)16:40時点)。

予想を大きく上回るお客様に来場いただき、2日目のお昼過ぎには、全てのコーナーで、かなり品薄の状況になりました。(養殖マグロ「トロの華」は、1日目のお昼過ぎに、用意していた150パックのうち120パックが売れてしまい、2日目のために販売にストップをかけました。そして、2日目のお昼には完売)。両日とも、お昼時には、蕎麦の試食コーナーに長蛇の列ができました。

今回の観光物産展は様々なマスメディアでご紹介いただきました。たくさんのお問い合わせのお電話をいただき、そして会場へと足をお運びいただき、おかげさまで対馬のことを福岡の方々に広くPRできました。


試食用にイカや穴子などを焼きました。周囲にはとてもいい匂いが漂っています
f0207669_16514629.jpg


生きているサザエやアワビがこんもり。サザエは1kg1,000円
f0207669_16512270.jpg


試食用の蕎麦。私も1杯いただきました。やっぱり美味しい!
f0207669_16513990.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-17 16:52 | たべる

「つしま屋」のお菓子

先日、福岡県春日市の和菓子店「つしま屋」の奥様が、お菓子を手にお越しくださいました。「つしま屋」は、厳原(いづはら)町の「渡辺菓子舗」で40年にもわたって菓子職人として勤めてこられた、森山毅さんが営むお店。同店には、かすまきを懐かしむ対馬出身の方がよく来店されるのだそうです。

今回、かすまきの他に、くるみ饅頭、栗饅頭、ツシマヤマネコの形をしたつしまやまねこ饅頭、コーヒー風味の餡が入ったカフェオレ大福をお持ちいただきました。いずれも、素朴でほっとするようなお味。福岡事務所へお越しいただいたお客様方にもお出ししたところ、大変喜ばれ、あっという間に無くなってしまいました。

つしま屋
〒816-0823福岡県春日市若葉台西6丁目10
TEL/092-584-4155

左)くるみ饅頭(120円)、右)栗饅頭(120円)
f0207669_1619995.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-14 16:20 | たべる

博多駅筑紫口のボーリング場横の交差点に、「対馬焼穴子880円」と書かれた、ひときわ目を引く大きな看板があります。ここは阿比留(あびる)の通勤途中にあるのですが、夕方になると照明が点り、「対馬焼穴子880円」の文字が際立ちます。

つい昨日、この看板に引き寄せられ、のれんをくぐりました。オープンしてまだ2年目ということで、すっきりとしたきれいなお店。店主の佐藤拓さんいわく、「対馬の穴子は、脂の乗りがよく、ふわふわ感がたまりません!」。ということで、店の定番として炭火焼きと刺身をご提供いただいています。まず、何はともあれ、焼穴子をオーダーしました。穴子の旨味を閉じこめた絶妙の焼き加減で、酒も進みます…。旨いっ!

佐藤さんは鮮魚を扱った経験もあり、確かな目で対馬産穴子を選ばれています。それをイチオシとして、看板やおしながきの一番目立つところに載せていただいています。その他のお料理も美味しく、厳選された地鶏や豚を使ったお料理が楽しめます。スタッフのヨッシーさんによる「手作り焼き餃子」もおすすめです。

ほろ酔い気分の中、対馬産の素材を扱ってくださるお店がどんどん増えたらいいな、いやいや、増やしていく努力をしなければと思った次第でした。
 
あぶりもん市場 拓
〒812-0013福岡市博多区博多駅東1-18-25 第五博多偕成ビル1F
TEL/092-413-4271

f0207669_1655127.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-07-03 16:55 | たべる

(株)白松(工場:美津島町竹敷、本社:東京都港区赤坂)の浜御塩(はまみしお)を使用した、カルビーの「夏ポテト」が6月1日より夏季限定で発売されています。(浜御塩は、ミネラルバランスが良く、甘みと旨味があり、和食との相性もいい、しっとりとした粗塩。対馬空港など島内各所で販売されています)。この「夏ポテト」のパッケージは爽やかなブルー地に夏という文字が大きく書かれ、そして裏面には、対馬の地図を示しながら、「長崎県対馬の海水から作られた浜御塩を使用」と明記されています。

いやはや、全国区で流通している商品に「対馬」の文字が刷り込まれるのは本当にありがたいことです。この商品のメインターゲットは20代から30代の女性。特にこの世代の方々にとって対馬の認知度はとても低いと思うので、せめてどこにあるのかを理解していただけたらいいなと思いました。さらに言うと、美味しい塩が採れる場所、つまり海水が非常にきれい、美味しい魚介類が獲れる、海のレジャーを楽しめる、いつか行ってみたところ、そこまで考えてくださる人が出てきたとしたら(かなり無理がある?)、カルビーLOVE!な態度を表明しなければ…。

仰せの通り、サクッとした食感、さっぱりとした味わい、まさしく夏らしい商品だと思いました。おいしい~♪コンビニやスーパーで見かけられたら、ぜひどうぞお買い求めください。

カルビーのホームページより
“夏ポテト”は、夏とれたての新じゃがを使用し、クリンクルカットのサクッとした食感と、さっぱり仕立ての味わいが特徴のポテトチップスです。またとれたての新じゃがだけを使っているのでビタミンCが豊富に含まれています。『夏ポテト こだわりの浜御塩』(1袋65g当たり365kcal、ビタミンC26mg)は、長崎県対馬の海水から作られた浜御塩を使用。夏に合うように、塩の旨みをしっかりさせつつ、隠し味に“緑茶”と“梅”を使用することで、キレの良いさっぱりとした後味を実現しました。

(株)白松 http://www.hakumatsu.co.jp/
〒817-0511対馬市美津島町竹敷深浦4-133
TEL/03-5570-4545(東京本社)

f0207669_15192815.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-06-24 15:19 | たべる

いわゆる「政財界の大物」が闊歩する大人の街として、福岡の名店が軒を連ねる西中洲。ここに20年以上前から店を構えるフレンチの名店「こじま亭」の小島孔典(こじまよしのり)社長にお会いしてきました。かつて『料理の鉄人』というテレビ番組に出演されていて、福岡三越の地下2階にある「ラ・ブティック・ド・こじま亭 三越店」で販売されている「もっちープリン」は、様々なメディアで紹介されている、たいへん人気のある有名なお菓子です。

小島社長はご両親が対馬出身で、ご自身も対馬でお生まれになりました。そういうことから、半年程前にお伺いした際、「何か対馬のために力になれれば」とおっしゃっていただいていました。そしてこのたび、ご相談やお願いなどのために、ようやく正式にお伺いさせていただきました。

「こじま亭」では、お得意様に対し、定期的にフェアを開催されています。例えば今だと、初夏の黒トリュフを使った「サマートリュフメニュー」(2009.6/9~7/11、ディナーコース6品、15,000円(税サ込))。そこで、対馬産を使ったこういったフェアを開催していただけないかご相談をさせていただきました。「いいですよ。メニューを検討しますので、食材リストを出してください」と快諾いただき、季節ごとに開催してはどうか、開催中には職員による対馬のPR活動をしてはどうかなど、「こじま亭」を活用して対馬をPRしていただいていいですよという、たいへんありがたいご提案をいただきました。また、大手メーカーや流通業者の商品開発をされている経験を活かし、商品の開発もご協力できますよという、これもまた、たいへんありがたいお言葉を頂戴しました。

今後、「こじま亭」としっかりとした関係を構築し、様々なお知恵をお借りしていきたいと思っています。小島社長、今後とも末永くよろしくお願いいたします!

博多中洲 フランス料理 こじま亭 http://www.kojima-tei.com/
〒810-0002 福岡市中央区西中洲5-28西中洲Mビル2F
TEL/092-752-4545
営業時間/ランチ11:30~14:30 (LO13:30)、ディナー18:00~22:00 (LO20:30)
休/日曜日・月曜日
メニュー/ランチ3,500円~、ディナー10,000円~


「こじま亭」のエントランス
f0207669_1640547.jpg


ランチのアミューズ・オードブル・メイン・デザート 3,500(税サ込)
※これに、美味しいパン、コーヒーも付いています。
f0207669_16401553.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-06-09 16:40 | たべる

先にご紹介させていただいた「春田製菓」の春田裕治さんより、大納言羊羹「訥庵さんの猪垣」・甘納豆「山猫の森」・対馬銘菓かすまきを、福岡事務所にお見えになるお客様に出してくださいということでお送りいただきました。

福岡事務所スタッフも、おやつタイムにありがたく味見をさせていただきました。甘納豆「山猫の森」は緑茶にぴったり。暑くなってきましたが、まだまだ朝晩は冷え込みます。夜に熱いお茶をすすりながらいただくのにはもってこいです。豆は体にいいし、洋菓子に比べるとカロリーも低いので、夜のちょっとしたおやつにおすすめです。

賞味期限はあと1ヶ月くらいということですので、ここ1ヶ月くらいの間に福岡事務所へお越しのお客様には、緑茶に「春田製菓」のお菓子付きでおもてなしさせていただきたいと思います。

春田製菓
〒817-1511対馬市上県町鹿見16
TEL/0920-85-0852

f0207669_1426523.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-06-08 14:26 | たべる