カテゴリ:たべる( 362 )

 2月4日から6日まで、渡辺通りのたべごろ百旬館で開催する「対馬食フェア」には、完成したばかりの新商品が登場します。その名も孝行麺(こうこうめん)。さっそく届いたばかりの「孝行麺」を味見してみました。冷凍の麺を軽くゆでて、解凍したスープをかけたらできあがり。熱いところをいただきます!
f0207669_17581270.jpg

 麺のコシ、プルプル感がたまりません。スープとの相性もバッチリ。もうやみつきになりそうなおいしさです。「孝行麺」の正体が知りたい方。対馬食フェアであなたの舌で確かめてください。限定50食ですがアンケートにお答えいただくと特別価格200円でお試しいただけます。(アンケートの時間は未定)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-02-01 18:04 | たべる

 (有)対馬かまぼこ店の島居さんが事務所にみえました。島居さんは豊玉町で水揚げされるあなごを「黄金あなご」としてブランド化された方で、あなごを生きたまま輸送し、日本全国の皆さんに黄金あなごの旨さを知っていただきたいと日々頑張っていらっしゃる社長さんです。
 お話をうかがい島居さんが卸している「釣船茶屋ざうお」天神店へ黄金あなごを食べに行きました。天神から北へ、もう海に近い長浜のKBC九州朝日放送の近くにお店があります。店内にはなんと広いいけす。大きな船が2隻もあり、そこが客席になっています。いけすには鯛やヒラメ、アジやあなごなどが泳いでいて、魚釣りも楽しめるというユニークな店です。釣った魚はその場で料理してくれます。
 「ざうお」では、黄金あなごの天ぷらとお造りが食べられます。黄金あなごの天ぷらはさくさくほくほく。上質なあなごの美味しさが口いっぱいに広がりビールを飲みながらいくらでも食べられます。お造りは皮つきのあなごを軽くあぶり厚切りにしたもので、ふわふわぷりぷりとした食感です。こちらは日本酒でしょうか。あなごというと身が薄く、淡白な味というイメージの方もいらっしゃるでしょうが、対馬のあなごは違います。肉厚で深い味わいと旨さがあります。
 対馬のあなごをまだ食べた事のない方、ぜひぜひ一度ご賞味ください。あなごの概念が変わりますよ。
 対馬のあなごってこんなにウマイんです!!

(有)対馬かまぼこ店
〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位2091-3  TEL: 0920-58-1662
  (黄金あなごの他に「あじカツ」も有名です。)

「釣船茶屋ざうお」天神店 http://www.zauo.com/
〒810-0072 福岡市中央区長浜1-4-15  TEL:092-716-9988 
 営業時間:月~金 11:30~15:00 17:00~24:00  土日祝 11:30~24:00
(「釣船茶屋ざうお」は福岡に5店舗、他東京や大阪などにもあります。)


f0207669_14263656.jpg
           黄金あなごの天ぷら
 
f0207669_1427488.jpg
           黄金あなごのお造り
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-26 14:47 | たべる

 今日お知らせするのは、2月4日から始まる対馬市のイベントです。ブログのタイトルをどうしようかと考えているうちに、いくつも浮かんできてどれも捨てがたくなってしまうほど盛りだくさんの内容でお送りする「対馬食(グルメ)フェア」。
  渡辺通から天神まで 「対馬のうめェ しなが たいそ つんのーてきます!」

 第1弾 日程 2月4日(木)~6日(土)毎日9:00~17:30
      場所 たべごろ百旬館(渡辺通 ホテルニューオータニ隣)
      内容 新商品「孝行麺」(サツマイモから作った新食感の麺)等の実演販売、
          海産物等の特産品販売など

 第2弾 日程 2月8日(月)~11日(木・祝日)毎日9:00~17:00
      場所 エルガーラ・パサージュ広場(天神 博多大丸横)
      内容 対馬の食材を使った調理実演、海産物等の特産品販売、ライブ演奏、抽選会など

 第3弾 日程 2月11日(木・祝日) 【招待者のみです】
      場所 福岡国際ホール(天神 西日本新聞会館16階)
      内容 対馬産養殖本マグロ「トロの華」解体ショー、対馬の食材を使った料理の試食会など

f0207669_9593128.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-22 10:07 | たべる

 城南区七隈に「パテシュール・クワ」というパン屋さんがあります。店の名前からもわかりますが、オーナーの久和次男さんは厳原町のご出身。昭和58年からパン屋を営んでいらっしゃいます。国産の小麦粉、天然水、そして対馬の塩を使ったおすすめの「麦芽入り天然酵母パン」は、初めての訪問を暖かく出迎えてくださった久和さんの人柄がにじみ出た嬉しくなる味でした。
 さらに嬉しいことに、店内に観光パンフレットを置いて対馬のPRをしていただいています。久和さんによると、パンを買いにこられるお客様が対馬出身だったり、対馬に行ったことのある方だったりして対馬の話で盛り上がることがあるそうです。お伺いしたのは小雨の降る寒い日でしたが、久和さんのお話に心がホッとするひとときでした。

 対馬の塩を使った麦芽入り天然酵母パン:230円(右)
 有機栽培レーズンとカシューナッツ入:250円(左)
f0207669_1202936.jpg


 対馬のPRありがとうございます
f0207669_122513.jpg

パテシュール・クワ 福岡市城南区七隈4-3-32 電話 092-862-0088
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-11-25 12:04 | たべる

 先週お知らせいたしましたラジオ出演、お聴きになっていただきましたでしょうか?新そばのPR!これは是非食べてもらわないといかん!ということでスタジオにゆでたての対州そばを3人前持ち込み、パーソナリティーのおすぎさん、沢田さん、らぶ子さんに食べていただきました。5分間の短いコーナーの中ですから、味見ぐらいで終わるのかなと思いましたが、なんと3人とも完食。「美味しい!普通のそばとちょっと違うね」というご意見もいただきました。そこで武末所長が「対州そば」が原種に近いこと、小粒で風味やコシが強いことなどの「うんちく」を語りますと、話はそばから「対馬の蜂蜜」にも及び、おすぎさんは蜂蜜の味見も。もちろん、今週12日木曜日から対馬で始まる「新そば祭り」や福岡市天神での「第3回対馬物産展」の告知もしっかりさせていただき、かなり内容の濃い5分間となりました。

  生放送で対州そばを完食!
f0207669_1824958.jpg


「対州そば『新そば』祭り」 11月12日(木)~29日(日)
  メインイベント 
 日時  11月21日(土)午前10時から午後3時まで
 会場  対馬市交流センター
 連絡先 実行委員会事務局 電話0920-52-4011

「第3回対馬物産展」
 日時  11月12日(木)12:00~18:00
      11月13日(金)10:00~18:00
      11月14日(土)10:00~17:00
 会場  福岡市中央区天神2丁目 NTT西日本ふれあいHIROBA171
 連絡先 対馬観光物産協会 電話0920-52-1566

 皆様のお越しをお待ちしております。
f0207669_1862025.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-11-09 18:08 | たべる

 10月31日、11月1日の二日間、福岡市西区小戸にあるマリノアシティ福岡(観覧車が二つ並んでいるところです。)で開催された「ムラの収穫祭」に対馬から8業者が出店され大いに賑わいました。
 このイベントは株式会社九州のムラ市場の主催によるもので 九州各県、各地域のおいしい物が勢揃いしたのですが、会場の一角にずらりと並んだ「対馬軍団」は結構目立っていました。黄金あなご、トロの華、サザエ、蜂蜜、しいたけなどなど、紹介しきれないほどの対馬の海の幸、山の幸が集合。また対馬地鶏の「いりやき」やトロの華の「モツ鍋」なども提供されなかなかの盛況ぶり。
 ところでこの「ムラの収穫祭」で一番の人だかりと行列ができたのは、なんといってもトロの華の解体ショーでした。「まもなく解体ショー始まります」とのアナウンスに特設会場の前にたくさんの人々が押し寄せました。50kg以上の本マグロがわずか10分ほどでブロックに、さらにサクに切り分けられていく様子に子どもたちも興味津々!解体されたトロの華はお刺身にされ会場に訪れた人々に振る舞われたのですが、トロの華を味わってみようという方々の長い行例があっという間にできました。マグロって本当にインパクトのある食材ですね。

ずらりと並んだ「対馬」の幟(のぼり)  壮観です!
f0207669_14363668.jpg


見事な包丁さばきに驚嘆の声が
f0207669_14372918.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-11-04 14:41 | たべる

 食欲の秋と申しますが、今年の福岡の秋は対馬の「食」で盛り上がろうということで、福岡でのイベント情報をお知らせします。
 まず第1弾。マリノアシティ福岡で開催されている「ムラの収穫祭」にお邪魔して、おなじみとなった養殖本マグロ「トロの華」の解体ショーの他、トロの華の「もつなべ」や郷土料理「いりやき」を味わうことができます。もちろん対馬の新鮮な海の幸、山の幸を多数準備してお待ちしています。
 続く第2弾「第3回対馬物産展」は、天神のNTT西日本ふれあいHIROBA171で開催。こちらも対馬の特産品を取りそろえ、様々なイベントを企画中です。
 また、お楽しみは福岡だけではありません。対馬では「秋の食材まつり」として期間中、指定の宿泊施設(おもてなしの宿)で「いりやき」「石焼き」など対馬の郷土料理を提供させていただきます。またチラシを持参され「おもてなしの宿」を利用いただいた方には、貴重な「対馬蜂蜜」をプレゼントさせていただきます。
原稿を書いてるだけでお腹いっぱいになってきましたが、皆さまには是非、対馬の食を実際に楽しんでいただきたいと思っています。各イベントの詳細は次のとおりです。

「ムラの収穫祭」への出展 
  日時 10月31日(土)~11月1日(日)
      両日とも10:00~17:00
  会場 福岡市西区小戸 マリノアシティ福岡第3駐車場特設会場

「第3回対馬物産展」
  日時 11月12日(木)12:00~18:00
      11月13日(金)10:00~18:00
      11月14日(土)10:00~17:00
  会場 福岡市中央区天神2丁目 NTT西日本ふれあいHIROBA171

「対馬 秋の食材まつり」
  実施期間 11月9日(月)~12月25日(金)
  参加協力施設 国民宿舎上対馬荘、対馬グランドホテル、HOTEL金石館
            ホテル空港イン、ホテル対馬、丸屋ホテル、柳屋ホテル、旅館万松閣
f0207669_17183520.jpg


f0207669_1719828.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-10-29 08:48 | たべる

対馬では、養殖クロマグロ「トロの華」の内臓を使ったもつ鍋を開発中です。これまで廃棄されていたものを何とか活用できないかと、商工会が中心となって、勉強会を重ねてきました。先日、RKB毎日放送の『探検九州』という番組で、元気がもりもり出る「夏のスタミナ料理」として紹介され、「これは一度試食させていただかなければ!」というわけで、さっそくお取り寄せをし、武末の自宅で試食会を催しました。

もつ鍋セットには、冷凍スープ(いりこと昆布だし)、胃、腸、心臓、ニンニクと柚子胡椒が、それぞれ別々のパックで入っています。あっさりとしたおだしはとても風味がよく、そしてかなりしっかりとした歯ごたえある内臓の食感も楽しいお料理。お野菜との相性もグッドです。ごま油・ごま・塩を軽くトッピングしたところ、かなり美味しくなりました。あのこってりとした博多名物のもつ鍋をイメージして食べると、ずいぶんと物足りない感じがするかもしれませんが、メタボなおじさまがた、美容に気を使っている女性たちには、おすすめの一品です。商品化まで、もうしばらくお待ちくださいね。


お皿の左のほうにあるのが「トロの華」の内蔵。
お肉よりもかなりコリコリっとしていました。歯や頭にもよさそうです。
f0207669_1138056.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-09-10 11:38 | たべる

先日、企業誘致関係の仕事で直方に行った帰り、九州自動車道の古賀サービスエリアで「とんちゃん」(対馬の焼き肉料理。唐辛子とニンニクたっぷりの甘辛いたれにつけ込んだ豚肉を焼いたもの)を食べてきました。先月、仕事で下関に行った帰りに発見したのですが、その時は別のメニューを注文した後に気付いたため、食べることができませんでした。今回は、お昼の時間帯に通過するので、是非!と思い食べてきました。

「とんちゃん」という名称にはなっていましたが、アレンジが加えられていて、焼き肉ではなく煮込み鍋でした。そのため、豆腐やチャンポン麺が入っていて、味も味噌(コチジャン?)の味が効いているなど、対馬の「とんちゃん」とはかなり違ったものでした。

オーナーが下関の「とんちゃん」(下関にも「とんちゃん」という名称のホルモン料理があります)をメニューに加えたいと提案したところ、従業員に対馬出身の方がいらして、「とんちゃんは豚肉でしょ!」という意見があり、対馬の「とんちゃん」をアレンジしたメニューになったということです。2年半前から出されていて、1日に平均20食ぐらい出ているそうです(今は暑さのせいもあってちょっと少なめ)。

驚いたのは、「とんちゃん」を食べるための専用ルーム、その名も「とんちゃんルーム」(30席)が作られていることでした。匂いがきついからでしょうね…。小さい頃、とんちゃんを食べた人がバスに乗るとバス中に匂いが充満し、「誰か、とんちゃん食ったやろっ!」とよく言っていたことを思い出しました。

対馬の名物が島外で売られていることは嬉しいのですが、やはり対馬人としては、オリジナルのほうがもっと美味しいのに…と思ってしまいました。対馬が誇るべきB級グルメ「とんちゃん」を売り込む作戦を練ってみようかなと考えています。(武末)

とんちゃん定食 980円(税込)
一つずつコンロに鍋がセットされて出てきてかなりの迫力!ご飯もおかわり自由!
f0207669_1328214.jpg


こちらが、とんちゃんルーム!
f0207669_13281289.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-08-28 13:30 | たべる

中央区渡辺通に「たべごろ百旬館」という飲食店向けの業務スーパーがあります。こちらの店舗前で、物産展を開催してみませんかというありがたいご提案をいただきました。打ち合わせと下見に伺ったところ、交通量の多い渡辺通に面していて、日中は推定1万人以上の人通りがあり、定期的に開催されている各地の物産展はかなり盛況なのだそうです。単なる物販ではなく、対馬のことを福岡の方々へ広くPRすることができ、誘客へつなげられる立地だと感じました。時期などはまだ決めていませんが、開催へ向けて準備を進めています。

「たべごろ百旬館」では、対馬のものがいくつか販売されていました。鮮魚コーナーで「対馬天然アラカブ」(一尾/600円)、赤島地区作られている「対馬の塩液」(500ml/600円・1.8l/2000円)、「対馬の藻塩」(500g/1000円)。この珍しい「対馬の塩液」の使い方を示したしおりが添えられていましたのでご紹介します。ご興味のある方はぜひお求めください。

【ご使用方法】
焼魚に、鉄板焼に、シュッと一吹き。塩液に15分浸して干せば、お手軽一夜干しに。その他、こんな使い方も…。
・うがい薬/小さじ1~2を水に混ぜてお使いください。
・水虫薬/足がひたる位。何度でも繰り返し使えます。
・入浴剤/100~200cc位を浴槽に直接入れてください。
・アトピー/1回1滴、1日1~2回そのまま何かに混ぜても結構です。赤ちゃんにもお使いいただけます。
・ミネラル補給/6~10滴、100~200ccの水か白湯に入れて毎日1~2回飲む。体内の解毒と余分な塩分を出す作用があるといわれています。

「対馬の藻塩」と「対馬の塩液」の発売元
(有)ハーバルサンケイ
〒810-0004福岡市南区的場1-25-8
TEL/092-586-2728

「たべごろ百旬館」の店内の一角に設けられた、「対馬の藻塩」と「対馬の塩液」のコーナー。
f0207669_1734478.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-08-26 17:34 | たべる