カテゴリ:しる( 353 )

 10月1日、「対馬学への招待」では初めてのツアー「対馬藩田代領を訪ねて」を開催し、46名のご参加いただきました。鳥栖の中に残る対馬藩田代領の跡を巡り、当時の対馬の息吹を感じようという旅です。小春日和の一日、天神よりバス2台で一路鳥栖へ迎いました。
 講師は、鳥栖市文化財保護審議会会長の高尾平良先生と、長崎街道元気隊ボランティアガイドで郷土史に詳しい松田和子先生、歴史研究家で鳥栖市史編纂者の藤瀬禎博先生。

f0207669_13391547.jpg
    行きのバスの中から「対馬宗氏と肥前田代領」のセミナーが始まりました。松田先生のはぎれの良いお話!

1、長崎街道「田代宿」探訪、町歩き
 代官所―御茶屋―藩校「東明館」―高札場、問屋場―田代領南西構え口 

f0207669_17101987.jpg
   代官所の跡地に田代小学校が建てられました。

f0207669_17112110.jpg
   藩校「東明館」跡。中高一貫の進学校「東明館」の名前はここからとったもの。

f0207669_17123137.jpg
   外町追分石。「右さが左くるめ」とあります。

f0207669_13312158.jpg
   当時の長崎街道の道幅は一間半(約3m)。ここを象も歩いたそうです。

2、長崎街道、瓜生町と秋葉町の町並みを見る(車中より)
売薬商人の家並みや、門、格子、馬つなぎなど当時の面影が残っています。

3、昌元寺(昼食)

f0207669_17151260.jpg
   対馬と縁が深い昌元寺。

f0207669_13333028.jpg
   味のある鳥栖弁の高尾先生。昼食時もお話が尽きません。お弁当は鳥栖駅弁で有名な中央軒のシュウマイとかしわめし。美味しかった!!

3、中富記念くすり博物館

f0207669_17171472.jpg
   対馬藩がここにあったから、今の鳥栖の製薬業があるのです!藤瀬先生の深いお話。

4、ヒャーガンサン古墳
全国的にも有名な装飾古墳。特別に奥まで見せていただきました。

f0207669_17185420.jpg
   かすかに円に十字文が見えます。

5、大興善寺
ツツジや紅葉で有名なお寺です。

f0207669_13323652.jpg
   特別に公開していただいた対馬宗家礼拝所。ご住職のお話を頂き、心地よい時間が過ぎていきます。

f0207669_17205567.jpg
   鴨居には宗家の紋章「五七の桐」。

 参加者のご感想を少し紹介します。
・鳥栖にこのような歴史があるとは知らなかった。もっと歴史を知り知識を広げたい。
・講師の資料によるガイドで古えを詳しく聴けて有意義なバスツアーだった。また参加したい。
・田代領の存在で対馬のイメージが少し変わった。
・鳥栖にこれほど対馬にかかわりのあるところが残っていると思わなかった。家族をつれて再度立ち寄りたい。
・勉強させていただいてさらに興味がわいてきた。
・楽しいツアーだった。感謝している。

ありがとうございました!

 引き続き、11月の対馬学は、対馬への歴史ツアーを行います。
長い年月藩主であった宗家が残した歴史の足跡は、荘厳にして圧巻。全国的に見ても希少な遺跡が多く、まさに歴史の宝物めぐり。是非ご参加ください。

f0207669_17221016.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-10-04 17:31 | しる

対馬で第二の人生を!

 最近「田舎暮らし」や「セカンドライフ」という言葉を良く耳にします。日々の暮らしに追われ自分を見失いがちな日常にあって「もっと自分らしい生き方をしたい」という思いが、多くの人にあるからでしょうか。第二の故郷は自分で創る時代になってきたようです。

 対馬市に移住を考えている方や対馬に関心のある方を対象に、対馬をより知っていただくため、「対馬市田舎暮らし体験ツアー」を実施します。
 自然散策やシーカヤック体験で対馬の自然を体感したり、そば打ち体験や、対馬の特産品を使った水産加工体験、主要な生活施設の見学、UターンIターンの方のための空き家見学などを行います。

<日程>    11月19日(土)~11月21日(月)
<募集定員> 7名
<参加費>   5,000円
         ※体験ツアー中の宿泊費、食事代、体験料、保険料込み。
          自宅から対馬までの往復旅費は自己負担となります。
<申込期限> 11月4日(金)
<お申し込み・お問い合わせ先>
          〒817-8510 長崎県対馬市厳原町国分1441番地
          対馬市地域再生推進本部 対馬市田舎暮らし体験ツアー担当者 
          TEL 0920-53-6111
         ※対馬市のホームページから申込書がダウンロードできます。
         http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/live/ui/ui.html
         ※対馬市福岡事務所にも案内及び申込書を設置しています。

f0207669_17263710.jpg


 また東京でも長崎に移住を考えている方を対象に相談会を行います。
 長崎県内の市町が参加し、移住についての相談を受けたり、各市町の特産品が当たる抽選会を行い、各市町のPR、対馬市田舎暮らし体験ツアーの参加者募集も行います。

ながさき田舎暮らしキャラバンin東京
<日時>    10月29日(土)13時~17時
<会場>    都道府県会館4階研修室   東京都千代田区平河町2-6-3
<申込期限> 10月22日必着
<お問い合わせ先> 
          ながさき田舎暮らし情報局 
          http://www.pref.nagasaki.jp/inaka/ 
          TEL: 095-895-2245  FAX:095-895-4166 
          E-mail: inakagurashi@pref.nagasaki.lg.jp
         ※相談料及び入場料無料。

f0207669_17235360.jpg

f0207669_17241573.jpg





 
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-09-29 17:43 | しる

 世界中でどれくらい、絶滅の危機に瀕している野生生物がいるか知っていますか?WWFジャパンのサイトによると、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストには現在1万6,000種もの野生生物が名を連ねているとの事です。
 絶滅のおそれのある希少な野生動植物や天然記念物に指定された野生動植物を題材としたシリーズの第1弾として、特殊切手「自然との共生シリーズ 第1集~日本の希少野生動植物~」が8月23日に発売されました。10枚1シートで、5種類の動植物が描かれています。一番上に我らがツシマヤマネコ。続いて、ズグロカモメ、レブンアツモリソウ、アオウミガメ、オオルリシジミ。どれも本当に美しく、「絶滅させてはならない!」と強く感じます。ぜひ手にとってご覧いただき、この願いを共有できればと思います。

f0207669_169374.jpg


f0207669_1651675.jpg


(日本郵便のページ)
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2011/h230823_t.html
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-09-22 16:10 | しる

 対馬の魅力を沢山の方に知っていただき対馬に足を運んでもらおうと実施している『「対馬学」への招待』。
第8回目をむかえた今回は、9月11日福岡市美術館講堂で開催し、約180人もの方に参加していただきました。
 今回の演題は、「国書改ざん~朝鮮王朝と日本の狭間で苦悩した対馬藩」。講師にお招きしたのは鳥栖市の藤瀬禎博(よしひろ)さん。鳥栖市史の編纂に長く携わっていらっしゃる歴史のスペシャリストです。

f0207669_10391273.jpg
     歴史研究家 藤瀬禎博さんの熱の入ったお話。

f0207669_10224244.jpg
     今回はこんなに大きな会場で催しました!歴史ファンでびっしり!

 対馬藩のお家騒動に発展する国書改ざん事件「柳川一件」。その舞台となったのが現在の鳥栖市東部と基山町に位置する対馬藩田代領。国境の島対馬は色々な所と深いゆかりがありますが、今回は鳥栖市とのえにしについて掘り下げたテーマでした。参加いただいた多くの方から、「是非鳥栖に残る対馬を見てみたい。」「対馬に行ってその歴史を肌で感じてみたい。」とのご感想をいただきました。
 今年は、9・10・11月と3カ月連続で歴史をテーマに企画し、初めての試みとして、講演とあわせ現地探訪のツアーも組み合わせています。

日帰りバスツアー「対馬藩田代領跡を訪ねて」 
 <日程> 10月1日(土)
 <料金> 5,500円(昼食付)
 <行程> 天神発(9:00)→鳥栖市内(田代領内の長崎街道散策、御茶屋、売薬商人の町並み、中富記念くすり博物館)→大興善寺など)→天神帰着(18:00)予定
 <講師> 高尾平良氏(鳥栖市文化財保護審議会会長)

1泊2日ツアー「対馬を歩く」 
 <日程> 11月6日(日)~7日(月)
 <料金> 32,000円
 <行程> 博多港→対馬・厳原港(往復ジェットフォイル予定)
        対馬藩宗家菩提寺・万松院、長崎県歴史民俗資料館、武家屋敷の町並み、お船江跡など)
 <講師> 小松津代志氏(郷土史家、戦跡研究家)

 お問い合わせ・お申込みは対馬学事務局(TEL 092-823-1689)まで
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-09-13 10:41 | しる

 全国で人気の「ご当地キューピー」。その数は、今や1000種類以上もあり、熱狂的なコレクターもいるほど。ところが、昨年3月までは「対馬モノ」が無い状態でした。
 対馬やまねこ空港の売店では、お客さまからの要望もあり、ここにしかないオリジナルのかわいいお土産はないものかと考えていました。ちょうどそんな折、キューピーストラップを作る話が持ち上がったのです!
 テーマについては、たくさんのアイデアが候補にあがりました。「かすまきキューピー」、「アリランキューピー」、「はぎとうじんキューピー」・・・などなど。(「はぎとうじん」って何?という方、こちらをご覧ください。http://www.nagasaki-tabinet.com/tomocchi/item/1083
 議論を重ねやっと決まったのが「対馬やまねこキューピー」でした。デザインに至っては「もっと太い尻尾にしてほしい」「耳の後ろの白色は譲れない・・」など何度も作り直し、やっと納得の「対馬やまねこキューピー」が 完成したのです。
 そして2010年4月より晴れて発売に漕ぎ着けました。当初1000体の限定販売の予定でしたが、3ヶ月で売り切れとなるほどの人気。再入荷を重ね、現在も売れ続けているそうです。
そんな対馬やまねこキューピーストラップを対馬空港ターミナルビル株式会社より対馬メルマガ会員にプレゼントしていただく事になりました。
 毛の模様、額の縦縞、太い尻尾、耳の裏など、細かいディティールも再現してあり、ベリーキュート!!

f0207669_10565332.jpg

対馬空港ターミナル売店   TEL 0920-54-4606
   http://www9.ocn.ne.jp/~tsjshop/
   (対馬やまねこキューピーはネットでもお買い求めいただけます)

対馬メルマガ会員の方、プレゼントのご応募方法は次回配信のメルマガでご案内します。

対馬メルマガ会員へのご登録がまだの方は、こちらから。
    http://www.240navi.com/pc/
f0207669_10571066.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-08-29 11:07 | しる

 
f0207669_9522264.jpg
f0207669_953395.jpg


 かつて佐賀県の鳥栖市や基山町には対馬の飛び地があった事をご存じでしょうか?農地が少なかった対馬藩は朝鮮との交易で藩の財政をまかなっていましたが、慶長4年(1599年)秀吉からこの地を与えられた対馬藩宗家は、代官所や藩校を置き、年貢としての米を対馬へ送っていました。鳥栖や基山は、対馬藩にとって「台所」とも言える重要な場所だったのです。対馬の歴史や自然について多くの方に知っていただこうとはじめた「対馬学への招待」。今年はこの鳥栖や基山に残る「対馬」についてもご紹介いたします。

◇セミナー 「国書改ざん~朝鮮王朝と日本の狭間で苦悩した対馬藩~」
 <日程> 9月11日(日)14:00~16:00
 <料金> 無料(要申込み)
 <会場> 福岡市美術館1階講堂
 <講師> 藤瀬禎博氏(元鳥栖市教育委員会)

◇日帰りバスツアー「対馬藩田代領跡を訪ねて」 
 <日程> 10月1日(土)
 <料金> 5,500円(昼食付)
 <行程> 天神発(9:00)→鳥栖市内(田代領内の長崎街道散策、御茶屋、売薬商人の町並み、中富記念くすり博物館)→大興善寺など)→天神帰着(18:00)予定
 <講師> 高尾平良氏(鳥栖市文化財保護審議会会長)

また文化8年(1811年)に最後の朝鮮通信使が来日してからちょうど200年の今年、対馬市では記念イベントを開催。3ヶ月連続でお送りする今年の「対馬学への招待」も11月には1泊2日の対馬ツアーを企画しています。

◇1泊2日ツアー「対馬を歩く ~韓国とのつながりを実感~」
 <日程> 11月6日(日)~7日(月)
 <料金> 32,000円
 <行程> 博多港→対馬・厳原港(往復ジェットフォイル予定)
        対馬藩宗家菩提寺・万松院、長崎県歴史民俗資料館、武家屋敷の町並み、お船江跡など)
 <講師> 小松津代志氏(郷土史家、戦跡研究家)

皆さまの参加をお待ちしています。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-08-23 10:05 | しる

 「東アジアの古代史を楽しむ会」が設立されました。集い、語り合い、旅に出て、歴史の魅力を感じませんか?
 7月3日に設立総会と交流会が催されたこの会は、「対馬学への招待」第1回で講演をいただいた西谷正氏(九州歴史資料館長・伊都国歴史博物館名誉館長・九州大学名誉教授)を名誉会員として、交流会、セミナー、ツアーなどを楽しむ組織です。
 会場となった大名の「松楠居」(しょうなんきょ)は、ジョーキュウ醤油3代目が昭和11年に建てた住居。戦災を免れた希少な存在で、昭和の香りのする落ち着いた建物でした。
 
f0207669_1120310.jpg

 
 対馬市福岡事務所からは古賀が参加し、「対馬学」のPRをさせていただきました。ちなみに今年の「対馬学」は福岡を飛び出し、江戸時代に対馬藩の飛び地であった田代領跡(鳥栖市)や対馬を訪れセミナーを行う予定です。詳細はあらためて発表します。お楽しみに!


f0207669_11211558.jpg
    この日集まった古代史ファンは約50名。
    歴史熱がジンジンと伝わってくる様な雰囲気でした。

「東アジアの古代史を楽しむ会」お問い合わせ先
  福岡市早良区百道浜2-1-22SRPセンタービル310
     かたらんね内 担当:松山
       TEL 092-823-1689
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-07-11 11:31 | しる

 ジェットフォイルやフェリーで対馬に行くときに立ち寄るベイサイドプレイス博多の一角に、「波葉の湯」という温泉施設があります。露天風呂だけでも4種類。他にも家族風呂や韓国式低温サウナ『チムジルバン』があり、マッサージやエステ、もちろんレストランも!さらにヘアカットもできる「波葉の湯」から、対馬、壱岐、五島にお住まいの方、そして福岡対馬会、福岡壱岐の会の会員だけの嬉しい特典をいただきました。
 
 ・入泉料 700円を600円に!
 ・ほぐし処「利楽房」30分以上の全コースが10%オフ!
 ・食事処「湊門」で食事をされた場合、アイスクリームをサービス!
 ・カットサロン「髪剪處」 ヘアカット1,050円を950円に!

 ※フロントで長崎県島民航空カードや免許証など住所を証明する物を提示するか、福岡対馬会、福岡壱岐の会の会員であることをお伝えください。

 みなと温泉 波葉の湯 http://www.namiha.jp/index.html

f0207669_9182313.jpg
     夜のフェリーに乗る前に露天風呂はいかが!

f0207669_9183791.jpg
     サウナも7種類あります。りらっくす~。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-06-29 09:26 | しる

 島の89パーセントを山林が占める対馬では、“森のあわび”と言われるほどの味と食感を持つ肉厚のどんこしいたけが育ちます。
 JA対馬では、しいたけ栽培の担い手を育てるため研修生を募集しています。しいたけ栽培のプロがノウハウを伝授。あなたも対馬で“しいたけマイスター”をめざしませんか?

福岡で説明会を開催します。参加される方はJA対馬までご連絡ください。

日時  7月7日(木) 13:00~17:00
     7月8日(金) 10:00~16:00
会場  対馬市福岡事務所
       福岡市博多区博多駅前2-12-26 福岡Dビル 11階
連絡先 JA対馬 営農部 TEL 0920-52-1116
                 FAX 0920-52-1118

詳細は、下記ハローワークインターネットサービスをご覧ください。

https://www.hellowork.go.jp/servicef/B01050.do?screenId=B01050&action=commonDetailInfo&kyujinNumber1=42080&kyujinNumber2=00699111&kyushokuUmuHidden=2&kyushokuNumber1Hidden=&kyushokuNumber2Hidden=


f0207669_10542064.jpg


f0207669_10433012.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-06-22 10:50 | しる

対馬で空の散歩を!

 対馬市上県町佐護(さご)地区で「あじさい祭」と「パラグライディング対馬大会」が開催されます。あじさいロードには約1万株のあじさいが植えられていて見ごろとなる6月に毎年催されています。うっとうしい梅雨の時期の一服の清涼剤。
 「あじさい祭」では、色とりどりのあじさいを見ながらウォーキングを楽しんだり、ステージイベントを見たり・・。

 「パラグライディング対馬大会」が開かれる佐護の千俵蒔山(せんびょうまきやま)は日本最北西端の地、棹崎(さおざき)公園の近くにあり、標高287mのお椀を伏せたような美しい曲線の山です。蕎麦や麦の種を千俵も蒔ける程の大きな山であったことから千俵蒔山と名付けられたとか。今は、風力発電用の白い風車が回っています。峠には「異国の見える丘展望台」があり、気象条件が良ければ韓国釜山の町並みがくっきりと見えるというところ。
 パラグライダーのテイクオフ地点は千俵蒔山の山頂です。青い空をバックに無数の鮮やかなパラグライダー達が飛び立ちます!ご希望の方は、12日に限りインストラクターと二人乗りで大空の散歩ができるんですよ!

f0207669_1125613.jpg
   全長約5キロの「あじさいロード」。対州馬も一緒にウォーキング。

f0207669_11252857.jpg
   この空と海の美しさ!感動です。

あじさい祭
日時: 6月12日(日) 
ウォーキングは10時スタート
場所: 対馬市上県町佐護 湊浜シーランドステージ

パラグライディング対馬大会
日時: 6月11(土)~12日(日)
場所: 対馬市上県町佐護 千俵蒔山エリア

お問合せ先:上県地域活性化センター地域支援課
TEL 0920-84-2311  
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-06-06 11:28 | しる