カテゴリ:しる( 315 )

今日の記事は、ゴールデンウィークに対馬に帰省していた武末の、“フェリー「げんかい」乗船記”です。対馬へは娘と二人、福岡への戻りは一人で(娘は一足先に飛行機で)。乗船記は、一人旅の模様が記録されています。(やや哀愁漂う?!)。ではどうぞ、お楽しみくださいませ。

福岡事務所で観光案内をする上で、よく分からないものは話せないと思い、あえて比田勝(ひたかつ)航路のフェリー「げんかい」を選びました。比田勝航路は4~5年ぶりで、比田勝出航となると、かれこれ10年以上も乗っていませんでした。一昔前までは、比田勝~小倉航路だったため、比田勝~博多航路は初体験。フェリーの名前も「あがた」から「げんかい」に改められ、この「げんかい」に乗ったのも初めてです。

最大の関心事は乗客がどれくらいかということでした。ゴールデンウィークを過ぎたこともあり、待合室内をみてもチラホラしかなく、「これでゆっくり横になれる」と一安心(船会社としては安心事ではないでしょうけど)。そして、切符を買っていざ乗船。聞いていた通り、以前の「あがた」からすると、かなり狭いと感じました。船内を見渡すと知人がいたので、とりあえずその隣に自分のスペースを確保。その後、出航の様子を見るために、客室後ろのデッキへ回りました。

フェリーターミナルに目をやると、そこに勤めている知人が、2階の窓から船の後ろを指さしていました。振り返ってみると、我々の乗っているフェリー出航の妨げになるということで、韓国行きの高速船「シーフラワー」が岸壁から離れているところでした。韓国へは高速船が就航しているというのに、自分はこんな小さなフェリーか…と少し複雑な気持ちになりました。

いよいよフェリーが博多に向けて出航。私の中でフェリーというのは別れのイメージが強く、今まで多くの知り合いが転勤のために、また、子供たちが就職や進学のため対馬を離れていったことを思い出し、一抹の寂しさを感じました。

比田勝港を出港すると、360度ぐるりと海ばかりの風景が続き、ちょっと退屈になってきたために船内へ。船内放送で、博多港到着時刻等が告げられ、最後に「退屈ですが暫くの間ご辛抱下さい」というような一言が添えられました。船の中にはテレビがあるくらいで、しかも出港時にはついていませんでした。「いやいや、暫くじゃないし…。これじゃ辛抱できんばい。だけんフェリーを使わんったい」と思わず心の中で突っ込んでしまいました。(九州郵船さんごめんなさい。でも正直な感想です)。

そこで私は、ヘッドフォンステレオで音楽を聴きながら、持ち込んだ小説を読むことにしました。船の中で本を読むと船酔いすると言われますが、私は小さい時から船に強く(漁師のせがれだから?)酔ったことはほとんどありません。また、この日は時化を期待していたのですが(よく揺れると聞いていたため、そのレポートができればと思ったのですが)、あいにく凪のため、ゆっくり読書ができました。私の周囲でずっと寝ている人たちは、博多に着くまでの辛抱と言わんばかりに、ひっそりと耐えていたような気がしました。

途中、外の空気を吸おうとデッキに出て、海に沈む夕日や行き交う船を眺めました。(船内にいたら全く何も見えないため)。フェリー独特の臭い、テレビの音、周囲の人の寝息などに囲まれていると、何となく外へ出たくなります。それに、女性がこの空間で、見ず知らずのおっさんのそばで横になるのは、かなり辛いものがあるんじゃないかなと感じました。30年以上もサービスが変わっていないのはどうなんでしょうかね…。もう一工夫欲しいところです。

今回の私の船旅は、持ち込んだ小説と乗船記を書くという使命のおかげで、あまり退屈せずに済みました。(数ヶ月の単身赴任生活でずいぶんと一人に慣れたからかもしれません)。旅のフィナーレを飾ってくれたのは、福岡ドーム、福岡タワー、ライトアップされたマリノアシティの観覧車、高層マンションの窓の明かりなど。海から眺める博多の夜景は奇麗でした。

ちなみに、この日の乗客は、私を含め17名(ほとんど地元住民)、2等客室1スペースに約3名ずつといった贅沢さでした。ただ、この航路を観光客に勧められるかというとちょっと難しいのかなという気もしました。私のようなおっさんは平気でしょうが、混雑時、時化の時は、かなり厳しいものがあると思います。対馬と九州本土の距離は縮まらないわけで、距離を感じさせないような仕組み、船旅を楽しめるような工夫が必要です。私たちに課された課題の大きさを感じさせられる旅でした。

●フェリー「げんかい」の料金などについて(平成21年5月時点)
2等船室 大人片道 5,330円(税込)
比田勝発15:05~博多着20:55
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-05-11 17:02 | しる

福岡市博多区に「対馬小路(つましょうじ)」という地区があります。(博多港、博多リバレインからわりと近く)。お休みの日に、阿比留(あびる)が行ってきました。

地図を手に対馬小路をうろうろしましたが、なかなかお目当ての「旧対馬小路」と書かれた石碑を見つけることができず、近くの和菓子屋のおばちゃんに尋ねたところ、「ここに住んどらんけん、分からんっちゃんね」と。この界隈の方々もそういったものがあることをご存知ではない様子。改めて資料に目を通してみると、その石碑は、現在の対馬小路にあるのではなく、お隣の古門戸町(こもんどちょう)3丁目にあると書かれているではありませんか。

というわけで、古門戸町3丁目をうろうろ。すると、ありました、ありましたー!ビルの谷間にひっそりと。「オッペケペー節」で有名な川上音次郎の生家跡でもある、「沖濱稲荷」の敷地内に、小さな石碑が建っていました。

この「対馬小路」に関しては、『福岡対馬会だより』(平成21年1月21日発行、第40号)の梅野美実(うめのはるみ)さんによる「博多の街の小さな対馬」でたいへん分かりやすく紹介されていましたので、以下にご紹介させていただきます。


◇博多の街の小さな対馬 梅野美実(うめのはるみ)

対馬行きのフェリー・ジェットフォイルの発着する「築港」から、中洲方面に5分ほど歩いたところに「対馬小路」という地名の街があります。「対馬小路」と書いて、何と読むのか、皆さんご存知ですか?「ツマショウジ」と読みます。昔は「ツシマショウジ」と読んでいたらしいのですが、いつのころか現在の「ツマショウジ」と呼び名が変わっていったようです。いずれにしても、博多の地になぜ「対馬」という字の地名がついているのでしょうか。

それは、豊臣秀吉が、戦国時代に、焼け野原となった博多の街を、復興するための町づくりを行ったことに由来します。豊臣秀吉が行った博多の街づくりに、「太閤割り」という街づくりがあり、当時の博多の街に「対馬小路」を含めて7つの「小路」を造っています。そして、そのころ「大下(オオシモ)の浜」と呼ばれた、当時海岸であった所に当時の対馬の殿様であった宗対馬守義智が、豊臣秀吉から拝領した対馬藩の蔵屋敷があったことから、「対馬小路」と名づけられたそうです。

当時、7小路あった小路の名前も、特に昭和になってからの町境、町名変更により、他の6小路の名前は全て無くなり、「対馬小路」のみが昔からの名前を今に残しています。

「対馬小路」のみを残してくれたとは、博多の人々も粋な計らいをしてくれたものですね。

それから、「対馬小路」はオッペケペー節で有名な、川上音次郎の生誕の地でもありまして、生家跡に「沖濱稲荷」という稲荷神社が祭ってあります。但し、稲荷神社の場所は古門戸町3に建っていますが昔は、古門戸町も「対馬小路」の一部でしたので、わざわざ「旧対馬小路」であるとの説明書きの碑がたっています。

皆さん、一度「対馬小路」まで足を伸ばしてみませんか?


ビルの間にたたずむ沖濱稲荷神社。
対馬小路を示す石碑は、神社の石碑の後ろにひっそりとあります。
f0207669_13404118.jpg



f0207669_1341885.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-30 13:44 | しる

23日、西日本新聞社の記者、嶋村初吉(しまむらはつよし)さんがお見えになりました。嶋村さんは、『朝鮮通信使の光と影』(梓書院、2009年4月1日発行)など、対馬に関する書籍数冊を執筆されている方で、西南学院大学の非常勤講師もされています。(ちなみに、「対馬市応援団」のメンバーのおひとり)。西南学院大学の学生さんたちに対馬のパンフレットやマップを配布したいということで、わざわざ取りに来てくださいました。

嶋村さんは韓国観光公社の支社長と面識があることから、「近所だし、一緒に挨拶に行きましょうよ」ということになり、阿比留と私(早田)を引き連れて(武末は来客対応中)、いかにも記者らしく早足で現場に案内してくれました。(ついていくのに精一杯。お歳ははるかに上のはずなのに…。とにかくまあ饒舌だし元気なおじさま)。

韓国観光公社のエントランスは、ざっと幅5~6メートルの極彩色のガラス窓が張り巡らされ、思わず「うわー、素敵ー!」と声を上げてしまいました。朝日ビルというお堅いめのオフィスビルにおいては、かなり異彩を放ったテナント。中に入ると、チマチョゴリで民俗舞踊を踊っている、高さ30センチくらいの人形たちが並んでお出迎えしてくれました。ほか、韓国の磁器やパッチワーク「ポジャギ」(かわいい!)などの民芸品がディスプレイされ、閲覧用の書籍類やパンフレットが並び、そして、やはりというかなんというか、韓流ドラマが大型の液晶テレビで放映されていました。

奥のオフィスでは、プサン出身の女性、次長のソルさん、そして支社長のキムさんが、突然の来訪にもかかわらず、丁寧に対応してくださいました。(もちろん日本語ペラペラでかなり博識な方々)。福岡事務所は何をするところなのか、メンバーそれぞれの役回りなどについて質問を受け、回答させていただきました。

それから、キム支社長による、日本と韓国を取り巻く古代アジア史についてのミニ講座とも言えるようなお話しが始まり、思いのほか長く、そしてかなりディープなところまで語っていただきました。韓国で西暦42年におこり、500年ほど栄華を極めた「加邪(かや)」は、九州にとても縁があり、北部九州で「唐」とつく地域は、「加邪(かや)」の人々が渡来した場所なのだそうです。この「加邪(かや)」さえも知らない私は、「あなた、本当に何も知らないですね!古代アジア史を知らない日本人は本当に多いんですよ…」と軽く注意を受けてしまいました。

あらら…。という訳でお薦めの著書などを紹介いただきました。北部九州、特に対馬におけるグローバリズムは、今に始まったことではなく、むかーしむかーしからのことで、改めてそこらへんをちゃんと知っておかないといけないと思った次第でした。


韓国観光公社のロビーにディスプレイされていた凧とお面
f0207669_1511133.jpgf0207669_15112518.jpg
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-24 15:13 | しる

福岡市動物園のイベントが、4月17日の西日本新聞朝刊で紹介されていましたのでお知らせいたします。

福岡市動物園では、4月19日を「飼育の日(しいくの日)」とし、ツシマヤマネコなどの獣舎約20ヶ所で、動物の特徴や生態などを市民向けに説明するイベントを開催します。「飼育の日(しいくの日)」は、東京の日本動物園水族館協会が創立70周年を記念して今年定めたもので、各地の動物園や水族館で催しが開催されます。

(それにしても、365日、色んな日があるものですね。ちなみに4月19日は、1800年に伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発した日ということから、「地図の日,最初の一歩の日」でもあるそうです。“最初の一歩の日”かぁ、少しだけしみじみ。さらに、ちなみに、伊能忠敬は1815年に対馬を測量し、それをもって有史以来初の日本地図が完成しました)。

福岡市動物園は、全国で初めて、ツシマヤマネコの人工飼育に成功しました。イベントでは、一般公開されている人工繁殖のメス、対馬市で保護されたオス、それぞれ一匹について説明してくれるそうです。ツシマヤマネコの説明会は午前10時半からで、その後、レッサーパンダなど他の動物に関しても順次説明されます。

おチビちゃんを連れてご家族で、ご夫婦で、カップルで、もちろんお一人でも、楽しめるイベントではないかと思います。ぜひぜひお出かけください。


福岡市動物園 http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/
〒810-0037福岡市中央区南公園1-1
TEL/092-531-1968
●開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
●休園:月曜日(祝日の場合は翌日)
●入園料:大人400円、高校生200円、中学生以下と福岡・北九州・熊本・鹿児島各市の65歳以上の人は無料。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-17 14:33 | しる

自動販売機で対馬をPR

サントリーのツシマヤマネコ保護のための寄付金を募る自動販売機に続き、コカ・コーラの「対馬市観光まちづくり支援自販機」が設置されることになりました。現在決まっている場所は、厳原(いづはら)町の厳原体育館(清水が丘体育館)とそば打ち体験施設「体験であい塾匠(たくみ)」、峰町のシャインドームみね、豊玉町の豊玉総合運動公園の体育館(パールドーム)の4ヶ所です。設置時期と自動販売機のデザインなどはまだ未定。

コカ・コーラウエスト㈱の営業の方がお見えになり、福岡市内など島外の設置へ向けた展開について話し合いました。漠然と「対馬市のまちづくりに役立ちます」ではなかなか難しいだろうということで、福岡市の方々にも興味を持っていただけるようなものにすべく、いくつかのアイディアを検討いただいています。(サントリーとバッティングするため、ツシマヤマネコは使わないという前提)。

福岡事務所として提案させていただいたのは、「対馬の美しい海を守るための寄付金を募る自動販売機」として、漂着ゴミの清掃を行うNPO法人などを支援できるもの。美しい海の写真でぐるっとコーティングしたらどうでしょうかというようなお話しをしました。海はつながっているし、対馬は関所として奮闘しているし、例えばサーフィンなど海のレジャーを楽しむ方に共感してくださる方は多いんじゃないでしょうか。コカ・コーラウエスト㈱より、広告代理店を通した案をご提示いただけるということなので、どんなものが出てくるか楽しみです!自動販売機も大切な広告媒体の一つなので、全国に展開でき、そして対馬に興味を持っていただけるようなものを作りたいと思います。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-16 17:18 | しる