食材研究会対馬食材現地視察part4

 いつもありがとうございます(^^) 
★人気ブログランキング★
      クリックして投票&応援お願いしまーす!
                 ↓ ↓ ↓
            

事前オーダー「時間がなければ食事は不要」のはずが、
頤和園川又料理長の「対州そばが食べたい」の追加オーダー。
f0207669_16551165.jpg
そもそも、時間がなければ食事は不要と言ったのは、
f0207669_16554497.jpg
蓮双庭平賀料理長。
ほんのちょっとだけ、予定を変更し、対州そばを食べることに。
f0207669_16571915.jpg


ロスを最小限にとどめて、ブレた針を修正し次の目的地、
「佐護やまねこ米」の視察のため、春日亀さんのお宅へ。
f0207669_177972.jpg
栽培方法、認定田などの説明を聞きました。
お米は精米から30日以内が美味しく食べられる期間ということだそうで、
注文を受けてから精米しているそうです。
f0207669_179065.jpg
お米に対する愛情とお客様に対する愛情を感じました。
ここでも何やら、2人の料理長がイメージを膨らませ始めました。
「精米後のもみ殻はどうしています?」
「精米時に商品として出せなかったお米は?」など質問をしていました。
f0207669_17154465.jpg

次は、「原木しいたけ」の視察のため、米田さんのお宅へ。
この時期はしいたけは発生していませんが、どんな風に栽培されているのかを知っていただくため訪問。
米田さんの説明に2人とも興味津津の様子。
「水分調整のため、木をひっくり返す作業もあるんですよ。
風が当たりすぎないようにネットを張ったりしてます。」
f0207669_17211928.jpg

f0207669_17214071.jpg

f0207669_17215184.jpg

「この白い部分からしいたけが発生します。」
「へぇ~、ここからしいたけが出てくるんだぁ~」というように
原木を見つめていました。
f0207669_1722593.jpg

最後は、河内酒造へ。
ここでは、酒粕や麹をロックオン。
f0207669_17252166.jpg

f0207669_17253777.jpg
「これは何かに使えそう」と何やらたくらんでいました。
もちろん、試飲も忘れることなく。
f0207669_17283724.jpg

f0207669_17284921.jpg

超強行日程での対馬食材現地視察。
まずは、2人の料理長に、いい感触をつかんでもらえたことに一安心でした。
23日24日の2日間、蓮双庭で開催される食材研究会。
はたして、どの食材が使われるのか。
期待に胸を膨らませ、その日を楽しみに待ちたいと思います。
f0207669_17294088.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2015-07-21 10:00 | たべる