今年のヒトツバタゴは?

f0207669_12362029.jpg
対馬の春の風物詩と言えば『ヒトツバタゴ』。写真は、現在のヒトツバタゴの様子です。

桜の開花が早かったため、今年のヒトツバタゴの開花も早いと予想されていましたが、
ここ数日の気温低下で例年より少し早め程度になりそうとの事です。

『ヒトツバタゴ』とは?
長野県、岐阜県などにわずかに自生するモクセイ科の落葉高木のこと。
f0207669_1236438.jpg
4月下旬から5月上旬にかけて山全体を覆い尽くすように真っ白い花を咲かせるその姿は、まるで季節はずれの『雪景色』。観る人を魅了してやまないことで有名です。
f0207669_123743.jpg
対馬北部の上対馬町鰐浦(わにうら)地区は、約3000本のヒトツバタゴを見ることができる国内最大の自生地で、国の天然記念物に指定されています。
f0207669_12373488.jpg
                                            (写真提供:須川英之氏)

毎年、ヒトツバタゴの開花にあわせて開催される「ひとつばたご祭り」
今年は5月4日(土・祝)です。
会場では、地元特産品の販売、歌謡ショー、苗木の販売などが行われます。

皆さま是非、対馬の風物詩『ヒトツバタゴ』を観に対馬へレッツゴ~!
その際は対馬市福岡事務所で販売している、“お得な旅”が楽しめる『しまとく通貨』をお忘れなく(^^)♪

『しまとく通貨』の詳細は4月9日のブログをご覧ください!

                ★人気ブログランキングに登録しました★  
皆様のお陰で長崎県1位を継続中!ココを毎回クリックしていただき、ありがとうございます。
                    

[PR]
by tsushimafukuoka | 2013-04-15 12:19 | みる