脇屋友詞シェフが織りなす 第8回食材研究会 ~後編~

皆様、大変お待たせいたしました!前編より引き続きお届けします。

次に変身するのは、丸々とした新鮮な対馬の「赤むつ」
f0207669_9252222.jpg

【特選赤むつと聖護院蕪の熱々の一品】
f0207669_16185193.jpg
とっても深い味わいのお出汁で、脂ののった赤むつと白子が炊き込まれており、その上に蕪のフワフワとしたすり身が添えられていました。これもシンプルな味付けだからこそ、赤むつそのものの美味しさがとても引き立ったお料理になっていました。

次は「対馬の原木しいたけ」
f0207669_1713663.jpg
油の中でそのまま素揚げされたしいたけ。
f0207669_13283298.jpg
f0207669_13281115.jpg

【海老卵としいたけのうま味がいっぱい煮込み】
f0207669_13272863.jpg
ご覧下さい!この肉厚なしいたけ。揚げても、煮込んでも全く縮むことなくプリプリ。ナイフとフォークでいただくしいたけは、まるでステーキのよう。弾力がすごいのでナイフで切るのもやっとでした。閉じ込められていたしいたけのうま味が一気にあふれ出てきて絶品!
f0207669_9162742.jpg
参加者の方から「お肉よりも美味しいこんなしいたけは食べたことがない!」と、対馬しいたけへの嬉しいお声をいただき私達も感激しました。

〆は【赤むつと貝柱入り炊き込みご飯】
f0207669_9174647.jpg
包み紙を開けると、そこからとってもイイ香りが広がります。
f0207669_13411389.jpg
ご飯なのか、赤むつの身なのか分からないぐらい、ほぐし身がたっぷり使われていて、すごく旨みの凝縮した美味しい炊き込みご飯でした。


最後は「つしまみかん」と「対馬蜂蜜」を使ったデザート。
【みかんのゼリーと杏仁豆腐】
f0207669_919241.jpg
つしまみかんの特徴でもある酸味を程良く残しつつ、まろやかに仕上げられたゼリーは下の濃厚な杏仁豆腐とマッチ。上にのったアイスには対馬蜂蜜がやさしく添えられていました。


f0207669_1117741.jpg
今回、このような素敵なお料理を作ってくださった脇屋友詞シェフと、参加された皆様は、対馬の食材の魅力、美味しさにビックリされていました。

脇屋シェフからは、近いうちに対馬に足を運んで現場を見てみたい!との嬉しいお言葉を頂いたので、ぜひ今回食材をご提供いただいた関係者の方、生産者の方の元へ繋げて行きたいと思います!

今回、ご協力いただきました関係者の方々に深くお礼申し上げます。ありがとうございました。
対馬の食材と、脇屋シェフとの
この素晴らしい出逢いに
感謝!
f0207669_11165377.jpg

【チャイニーズレストラン蓮双庭(ダブルズ・ロータスガーデン)】
f0207669_1157317.jpg
住所:福岡市博多区博多駅東2-7-27八仙閣本店ビル2F
℡:092-411-4188
HP:http://www.wslotusgarden.com/                        
                      ↓いつもクリックありがとうございます!
                       

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsushimafukuoka | 2013-02-06 09:45 | たべる