脇屋友詞シェフが織りなす 第8回食材研究会 ~前編~

f0207669_13323673.jpg
1月29日、30日の2日間『第8回 食材研究会』が、博多駅東にあります
チャイニーズレストラン ダブルズ・ロータスガーデンにて開催されました。

対馬の厳選食材と中華のアイアンシェフ 脇屋友詞シェフ
織りなす特別な宴とあって、2日間でなんと!220名の方が参加。
f0207669_10474887.jpg

高屋副市長の挨拶。
f0207669_1027010.jpg



今回のテーマは国境の島 対馬「紅瞳(アカムツ)」と「穴子」

その他に対馬しいたけ、つしまみかん、蜂蜜も使って頂きました。
f0207669_111544.jpg

まずは「対馬の穴子」が脇屋シェフの手によって大変身です!
f0207669_16583767.jpg

【今が旬の野菜と穴子の煎り焼き前菜】
f0207669_13185899.jpg
見てください!まるでフランス料理店にでも来たかのような雰囲気。
これが脇屋シェフが作る中華なんです!誰もが想像する中華のイメージとは全く違いますよね!

前菜の穴子は、外はパリパリ、中がフワフワに煎り焼きにしてあり、シンプルな味付け。食材そのものの味がすごく際立ったお料理になっていました。

この前菜を食べた瞬間、会場の皆さんから「う~ん!」の声が!

次に出来てたのは「つしまみかん」 。なんともビックリな姿で登場です。
f0207669_1961082.jpg

【活穴子と柑橘の香りのハーモニー】
f0207669_13374115.jpg
みかんの中身をくり抜き、蒸し焼きの器として使われていました。包みを開けるとみかんのほのかな香りがただよってきて、中の穴子のすり身とレンコンにみかんの風味が重なって歯ごたえがあり、絶品!
f0207669_1337313.jpg
旨みがしみ出たスープも残さず頂きました。

【越前蟹のチャイナコロッケと香ばしいトースト】
f0207669_16173829.jpg
サクサクの表面にナイフを入れると、蟹の身が入ったクリームが中からとろ~と出てきてまろやか。トーストの上にのったローストしたお肉も柔らかくて口の中でとろけました。


皆さん至福のひとときを楽しんでいらっしゃいました(^-^)


では次のお料理・・・といきたいところですが、続きは後編で♪
お楽しみに~(^^)後編につづく。
                       ↓いつもクリックありがとうございます!
                       
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsushimafukuoka | 2013-02-04 10:53 | たべる