江戸時代にタイムスリップ!

f0207669_1424241.jpg

 平成24年7月4日から9月9日まで、太宰府市にある九州国立博物館で「日朝交流の軌跡」と題して、対馬藩と朝鮮国との通交の歴史を今に伝える品々が展示されています。
 江戸時代、対馬藩主宗家は朝鮮国との外交のエキスパートとして朝鮮通信使の来日を支え、またある時には朝鮮の貴重な文物を日本へもたらすなど重要な役割を果たしたのです。
 宗家が残した8万点の対馬宗家文書(つしまそうけもんじょ)は、昭和50年に始まった調査の結果、その歴史的価値が認められ一部が国重要文化財に指定されました。
f0207669_14253961.jpg

 展示品の一つ、対馬藩主宗義和図書 朝鮮時代19世紀

 対馬ならではの魅力を感じられ、江戸時代の対馬藩の活躍を知ることが出来る今回の展示。是非ご覧ください。なお、平成24年10月2日~11月25日まで長崎県立対馬歴史民俗資料館でも展示されます。

九州国立博物館 
  日時  平成24年7月4日(水)~9月9日(日)
  時間  午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  休館日 月曜日 ただし7月16日(月・祝)・8月13日(月)は開館  7月17日(火)は休館。
  観覧料 一般420円・大学生130円・高校生以下18歳未満および満70歳以上の方は無
        料。
  問い合わせ Tel 050-5542-8600 

長崎県立対馬歴史民俗資料館 
  日時 平成24年10月2日(火)~11月25日(日)
  時間 午前9時~午後5時
  休館日 月曜日 月曜日が祝日の場合は翌休館日
  観覧料 無料
  問い合わせ Tel 0920-52-3687 

 この「日朝交流の軌跡」の他、10月の古代山城サミット対馬大会など今年の対馬は、歴史に関するイベントが目白押し。対馬の魅力のひとつである歴史観光をPRするため、「国境の島・対馬歴史観光展~古代山城・金田城をゆく~」を九州国立博物館で開催します。
 対馬の歴史、観光、文化財等に精通したスタッフが何でもお答えしますので、「日朝交流の軌跡」を観た後、お気軽にお越しください。
  日時 平成24年7月14日(金)~7月16日(月)
  会場 九州国立博物館 1F エントランスホール
f0207669_14334637.jpg

↓いつもクリックありがとうございます!  

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-07-06 14:34 | しる