オランダ坂通りから「対馬の赤米」発信!

f0207669_1321596.jpg

 雨に濡れる石畳が絵になるオランダ坂。長崎には何度も来てますが、オランダ坂を見るのは人生初めての早田、対馬の赤米を使ったシフォンケーキを作っているお店があると聞いてやってきました。
f0207669_13225847.jpg

 そのお店は、「潤練JyuRe (じゅれ)」
 対馬の南端豆酘での神事で使われている「赤米」の消費拡大の為、ケーキの材料として使用して頂いています。オーナーパティシエ後藤郁子さんは、「赤米のシフォンケーキを作る時は、神聖な気持ちで一粒も無駄にしないようにしています。このケーキをお祝い等に使ってもらい、赤米を広くPRしたい」と熱く語って頂きました。
f0207669_1325940.jpg

 対馬産の、つばき油、蜂蜜、日本酒も使われている対馬にこだわったケーキは、赤米の食感と香が楽しめます。
f0207669_13255854.jpg

 潤練の特製ジュリーソースと一緒に食べると、美味しさが一層ひきたちます。事前の注文に応じて後藤さんが焼き上げますので、食べてみたい方はご連絡を!

 問い合わせ  「焼き菓子 潤練 JyuRe」
    住所   長崎県長崎市大浦町5-49    TEL   095-895-9168

 対馬で赤米の田植えが行われ、歌手の相川七瀬さんが参加。「赤米諮問大使」になっていただきました。長崎新聞ホームページ
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-06-04 13:28 | たべる