がんばっとーよ!対馬応援隊 其の1

 いきなりですが(笑)この「がんばっとーよ!対馬応援隊」では、対馬ゆかりの「ひと」に取材に伺い、紹介させて頂きます。記念すべき第1回目は田中治雄さん。あの「博多ぶらぶら」でおなじみの和菓子店「左衛門」の会長をされています。田中さんは、対馬上県町佐須奈のご出身。昭和34年に対馬を離れ、福岡へ来られました。以後今日まで53年現役で活躍されています。ご趣味は水墨画。旅行先でスケッチを楽しまれることも。博多ぶらぶらのキャラクターのモデルはなんと田中会長ご自身だそうです。
f0207669_1445068.jpg

f0207669_14481060.jpg

          餅の底まで餡がたっぷりの「博多ぶらぶら」   
 
 「博多ぶらぶら」と言えばあの有名なCMが浮かび、CMソングを歌える方も沢山いらっしゃると思います。このCM制作費は昭和49年当時250万。伊勢の赤福のような商品を目指し、10年の月日を経て完成。今では多くの方から愛される博多を代表する和菓子になりました。北海道産小豆の餡と佐賀ひよく米の餅を使った「博多ぶらぶら」は、まさに「ひと口食べたら忘れられぬぅ」味!です。
 田中会長曰く「一人で食べずおすそわけ。それがお菓子の流儀です。ちょっとでも自分の幸せをおすそわけして、相手の幸せを願う。その想いが、お菓子でそっと伝わるんですよ。」 ついつい美味しいものは、一人で食べてしまいそうな私(磯貝)ですが、「おすそわけ」の気持ちの大切さを教えて頂きました。
 最後に田中さんのこれからの対馬に対する期待を伺ったところ「一草一品」の精神で、ひとつの草木も無駄にせず、対馬のものを生かして欲しい。自然の中で現代の情報網を駆使し、離島の教育に力を入れて欲しい。そして職場を与え、人材作りを大切にしてほしいと熱く語る姿が印象的でした。

 対馬出身の皆さんにお得な情報です!田中会長の故郷に貢献したいというご好意により、左衛門新天町店・製菓センター(古賀工場)・マイング店・デイトス店にて、「対馬出身です!」とお伝えすると1割引きのサービスをしていただけます。
 博多菓匠 左衛門 http://www.saemon.jp/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-05-31 15:05 | あう