島の春

 3月は旅立ちの季節。転勤などで島を離れる人たちは、この盛大な見送りに応えていつまでも手を振ります。
 写真は3月28日。比田勝港での光景。この日は学校の先生が島を去る日でした。上対馬高校のブラスバンド部が旅立ちの曲を演奏。岸壁は別れを惜しむかのように喧噪に包まれます。対馬での思い出は、色とりどりの紙テープのように色あせずに残ることでしょう。

f0207669_16451271.jpg
    (写真提供 上対馬観光物産事務所)

 そして対馬市福岡事務所を旅立つ人も・・・・・

「2年5ヶ月の間、本当にお世話になりました。
 今後とも対馬の応援をよろしくお願いいたします。
 また、いつかどこかでお会いしましょう。」
                   古賀陽子
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-03-30 16:54 | あう