細井船長が語る海上バードウォッチングの魅力!

f0207669_9443231.jpg

 会議室に大漁旗!鳥が舞いツシマヤマネコが跳ねるこの大漁旗に描かれた男性。手には釣り竿、そして双眼鏡?

f0207669_9452853.jpg

 そう!この方こそ上対馬在住の一本釣り漁師にして海上バードウォッチングの仕掛け人、細井尉佐義さんです。細井さんの愛船「海子丸」から行う海上バードウォッチングが今静かなブーム!その取り組みを「九州の島・魅力再発見~キーパーソンin博多“離島編”~」(主催:経済産業省九州経済産業局)で発表。対馬の新たな魅力を約200人の参加者に紹介していただきました。

f0207669_946021.jpg

 もともと対馬は渡り鳥の十字路とよばれるバードウォッチングのメッカ。鳥を見るための旅行商品も企画されている程です。
 株式会社ワイバード 渡り鳥のメッカ・対馬~春鳥巡礼~ (協力:対馬野鳥の会)  
     http://www.ybird.jp/cgi-bin/db/ybird.cgi?do=data&msg=1197267405_09188&P=201205&S=&T=&A=&N=

 鳥類研究者も細井さんを頼って対馬に来られるそうで、特に絶滅危惧種に指定されている海鳥「カンムリウミスズメ」を数多く見られることが、鳥好きのハートを「わしづかみ」なのだとか!
 鳥の話ばかりで細井さんの本業が一本釣り漁師であることを忘れそうになってましたが、この日はアジ、サバ、ブリ、サワラなどを持ち込んで参加者に食していただき、対馬の美味しいお魚もPRしました。

f0207669_9491114.jpg
              細井さんのお魚に舌鼓!

 細井さんのホームページはこちら!
長崎県対馬からの産直、鮮魚卸・販売 海子丸 http://www.kaikomaru.com/#fish_info
[PR]
by tsushimafukuoka | 2012-02-15 10:02 | あう