博多と壱岐、対馬をつなぐ絆

 日本漢字能力検定協会が発表した「今年の漢字」は「」。「2011年ユーキャン今年の新語・流行語大賞」のベストテンにも選ばれています。
 人と人のつながりの大切さが叫ばれた今年、大分県杵築市で一隻の船が建造されました。この船の名前は「フェリー きずな」。島と島、人と人、心と心を「繋ぐ」というコンセプトの下、行われた船名募集に474件の応募がありました。関係者の審査により「きずな」と命名されたこのフェリーは来春4月就航予定。博多港と壱岐、対馬を結ぶ「」となります。

f0207669_13383511.jpg

 11月に行われた進水式の様子。大分県杵築市で建造されました。

f0207669_13385655.jpg

 総トン数1,800t 全長94.6m 旅客678人、乗用車67台を運びます。
  写真提供:壱岐市福岡事務所
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-12-16 13:42 | しる