対馬の秋だより

 上対馬町の舟志(しゅうし)川沿いには、もみじやカエデが約7kmにわたり群生しており、「舟志のもみじ街道」と呼ばれ対馬一の紅葉の名所として親しまれています。秋が深まると、渓流に紅葉の赤が映りこみ訪れる人を魅了します。清流のせせらぎと森林浴を楽しみながらの散策はいかがでしょうか?
 また、上対馬町琴(きん)には、なんと樹齢1500年を超える銀杏の巨木があり、「琴の大銀杏」と呼ばれています。その金色にも似た黄葉も見事!ぜひ足を延ばして対馬の秋をお楽しみください。

f0207669_17513077.jpg
  今の舟志川の様子(10月31日撮影)。見ごろは11月中旬以降。

f0207669_1752562.jpg


f0207669_17522440.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-11-02 17:57 | みる