修学旅行で交流!田代小学校と大船越小学校。

 秋は修学旅行のシーズン。駅や空港で小学生や中学生の団体を見かけることが多い季節です。対馬の小学生の修学旅行は、1泊2日で長崎の平和学習、佐賀に宿泊、北九州のスペースワールド、福岡市内での自由行動が定番コースですが、10月21日、対馬市立大船越小学校の6年生22名は、鳥栖市立田代小学校を訪問。お互いの学校や地域の紹介、対馬と鳥栖の歴史的なつながりを学ぶミニ歴史講座で交流を深めました。
 ご存じのとおり現在の鳥栖市の東半分と基山町には、かつて対馬藩の飛び地があり、田代売薬と呼ばれる製薬業が繁栄。現在の久光製薬の基礎となりました。対馬市福岡事務所は10月1日に「対馬学への招待」で鳥栖への日帰りバスツアーを実施。今回はこどもたちの交流が実現しました。江戸時代からのご縁が結ぶおつきあいが今後ますます盛んになるといいですね!

f0207669_1712449.jpg
 約2時間の交流はアッという間に終りました。
 (左が田代小学校6年生。右が大船越小学校6年生)

f0207669_172583.jpg
 田代小学校の校門。この付近から校庭にかけて対馬藩の代官所がありました。

 鳥栖つながりの話題をもう一つ。九州新幹線新鳥栖駅で開催される「第2回ぐるりん観光物産展」で対馬市福岡事務所も出展。対馬の塩を使ったお菓子や「対馬名物タタキいか」の販売と観光PRを行います。お近くの方はぜひお立ち寄りください。

 第2回ぐるりん観光物産展
<日時> 平成23年10月23日(日)10:00~17:00(予定)
<会場> 新鳥栖駅 (鳥栖市原古賀字一本松220-2)
 鳥栖市観光協会HP http://www.tosu-kanko.jp/osusume.php
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-10-21 17:16 | しる