江戸時代の対馬を学んだ、鳥栖への秋の一日!

 10月1日、「対馬学への招待」では初めてのツアー「対馬藩田代領を訪ねて」を開催し、46名のご参加いただきました。鳥栖の中に残る対馬藩田代領の跡を巡り、当時の対馬の息吹を感じようという旅です。小春日和の一日、天神よりバス2台で一路鳥栖へ迎いました。
 講師は、鳥栖市文化財保護審議会会長の高尾平良先生と、長崎街道元気隊ボランティアガイドで郷土史に詳しい松田和子先生、歴史研究家で鳥栖市史編纂者の藤瀬禎博先生。

f0207669_13391547.jpg
    行きのバスの中から「対馬宗氏と肥前田代領」のセミナーが始まりました。松田先生のはぎれの良いお話!

1、長崎街道「田代宿」探訪、町歩き
 代官所―御茶屋―藩校「東明館」―高札場、問屋場―田代領南西構え口 

f0207669_17101987.jpg
   代官所の跡地に田代小学校が建てられました。

f0207669_17112110.jpg
   藩校「東明館」跡。中高一貫の進学校「東明館」の名前はここからとったもの。

f0207669_17123137.jpg
   外町追分石。「右さが左くるめ」とあります。

f0207669_13312158.jpg
   当時の長崎街道の道幅は一間半(約3m)。ここを象も歩いたそうです。

2、長崎街道、瓜生町と秋葉町の町並みを見る(車中より)
売薬商人の家並みや、門、格子、馬つなぎなど当時の面影が残っています。

3、昌元寺(昼食)

f0207669_17151260.jpg
   対馬と縁が深い昌元寺。

f0207669_13333028.jpg
   味のある鳥栖弁の高尾先生。昼食時もお話が尽きません。お弁当は鳥栖駅弁で有名な中央軒のシュウマイとかしわめし。美味しかった!!

3、中富記念くすり博物館

f0207669_17171472.jpg
   対馬藩がここにあったから、今の鳥栖の製薬業があるのです!藤瀬先生の深いお話。

4、ヒャーガンサン古墳
全国的にも有名な装飾古墳。特別に奥まで見せていただきました。

f0207669_17185420.jpg
   かすかに円に十字文が見えます。

5、大興善寺
ツツジや紅葉で有名なお寺です。

f0207669_13323652.jpg
   特別に公開していただいた対馬宗家礼拝所。ご住職のお話を頂き、心地よい時間が過ぎていきます。

f0207669_17205567.jpg
   鴨居には宗家の紋章「五七の桐」。

 参加者のご感想を少し紹介します。
・鳥栖にこのような歴史があるとは知らなかった。もっと歴史を知り知識を広げたい。
・講師の資料によるガイドで古えを詳しく聴けて有意義なバスツアーだった。また参加したい。
・田代領の存在で対馬のイメージが少し変わった。
・鳥栖にこれほど対馬にかかわりのあるところが残っていると思わなかった。家族をつれて再度立ち寄りたい。
・勉強させていただいてさらに興味がわいてきた。
・楽しいツアーだった。感謝している。

ありがとうございました!

 引き続き、11月の対馬学は、対馬への歴史ツアーを行います。
長い年月藩主であった宗家が残した歴史の足跡は、荘厳にして圧巻。全国的に見ても希少な遺跡が多く、まさに歴史の宝物めぐり。是非ご参加ください。

f0207669_17221016.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-10-04 17:31 | しる