福岡サンパレス日本酒の会

 福岡サンパレスで毎月開催されている日本酒の会。毎回テーマとなる食材と日本酒の組み合わせが楽しみで、日本酒に目のない阿比留は、度々お世話になっています。8月のテーマは「対馬」ということでいくつか食材を紹介、取り上げていただくことができました。


 まずは、「酒の肴」にひめがみ漬と巻きするめが登場。丸豆腐にかかっているのは鰐浦の紫ウニです。
f0207669_15431654.jpg



 「お造り」はトロの華の赤身。トロロと一緒にいただきました。赤身でも脂が良くのっているトロの華は日本酒によく合います。「椀物」にはサツマイモから作った孝行麺。昨年使っていただき好評だったので、再度登場です。
f0207669_15441389.jpg



 「焼物」は対馬産のヤリイカを使ったポンポン焼き。わた味噌と青葱を詰め、香ばしく焼かれたイカは酒がすすみます。「蓋物」には今回の主役である対馬のブランド太刀魚「銀太」が登場。茄子の上の乗った揚銀太にみぞれ餡がかかっています。いつも塩焼きやフライでいただく事の多い太刀魚ですが、奥深い和食の世界を見ました。
f0207669_1545466.jpg



 いよいよ終盤戦。魚が続いたところで「蒸物」では対馬産イノシシのバラ肉炙りを蒸籠で。最後は対馬出身者に懐かしいカジメの入った味噌汁でしめ、デザートの梨にはニホンミツバチの蜂蜜を添えていただきました。
f0207669_15454078.jpg



 対馬の食材、中牟田名誉和食料理長の技、料理にあうお酒、そして新たな出会い。今回も楽しい時間の演出に、対馬の食材が少しでもお役にたてたのはないでしょうか。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-09-01 15:54 | たべる