映画「海峡をつなぐ光~玉虫と少女と日韓歴史ロマン」!

 「玉虫厨子」。小学校の教科書に載っていた事を覚えている方も多いでしょう。
 約1400年前に作られ、推古天皇が拝んだとされる国宝の仏具です。飛騨の職人達が玉虫の翅の装飾技術を復活させようと、「玉虫厨子」復元プロジェクトを立ち上げました。そして韓国でも、約1500年前の新羅王朝の古墳から発見された「玉虫馬具」を復元するプロジェクトがスタート。偶然にも同じ時期に始まった2つのプロジェクトは、千数百年の時を超えて日韓両国の職人によって完成したのです。
 この不思議な縁を描いたドキュメンタリー映画「海峡をつなぐ光~玉虫と少女と日韓歴史ロマン~」。在日4世の入矢麻衣さんが対馬など関係地を訪ね、彼女自分のルーツを探しながら、2つの美術品に秘められた歴史ロマンに迫ります。
 福岡でのこの映画の上映は7月9日から22日まで。10日(日)の上映後には、対馬学で朝鮮通信使の講演をいただいた嶋村初吉さんが舞台あいさつをされる予定です。

日韓合作ドキュメンタリー映画
「海峡をつなぐ光~玉虫と少女と日韓歴史ロマン」

上映場所:ソラリアシネマ 
       福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ7F
       TEL 092-733-7375   http://fsc-ent.jp/cinema/
期間:7月9日(土)~7月22日(金)
時間:午前11時~(1回のみ)
    (この上映時間は7月16日(土)以降変更あり)

前売り券ご希望の方は TEL090-3987-6715(嶋村さん)まで

f0207669_13365838.jpg
 対馬市峰町佐賀(さか)の円通寺にある朝鮮通信使李藝(りげい)功績碑。
 映画にも登場します。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-07-07 13:49 | みる