西からエールを!創作つしまin磯ぎよし

 先日も紹介しましたが、4月23日、磯ぎよし川端店において「西からエールを!創作つしまin磯ぎよし」を催しました。(伝えたいことが沢山でご報告が遅れてしまいました)
たくさんの対馬の旬の食材達と、腕の良い料理人とが出会い、最高の宴となりました。
今回はWebマダム山本美千子さんが主催する「食魔女」会員と、対馬メルマガ会員のご参加をいただきました。

f0207669_16173959.jpg
博多座の横の路地を入った静かなところ。
「磯ぎよし 下川端店」 いい風情のお店です。

f0207669_15555938.jpg
手書きのお品書きです。

f0207669_15563467.jpg


f0207669_16315439.jpg

対馬の旨い地酒も勢ぞろいです。

では、 「創作対馬」in磯ぎよし。本日の御料理を順番に紹介いたします。

f0207669_15575670.jpg
<三寸> 綱島産亀の手漁師風ゆがき、小船越産ひおうぎ貝バ―ニャソース添え、焼きアスパラ椎茸味噌  (Webマダム撮影)

福岡では珍しい「亀の手」、対馬出身者には涙が出る程懐かしい味。磯の香りと旨みがたっぷりです。
ひおうぎ貝の美しさとその貝柱の食感もたまりません。
それに何を隠そう、対馬はおいしいアスパラの産地なのですよ。

f0207669_15583243.jpg
<お造り> 活穴子、綱島産本あら、天然鯛、あおり烏賊、鯵、美津島産ひとくち鮑

対馬の海の恵みそのまま。
穴子の刺し身は初めての方ばかり。歯ごたえとその上品な味。絶賛でした!


f0207669_1559771.jpg
              (Webマダム撮影)
あっさりさっぱりの野菜椀。
対馬の新鮮な野菜達が、いいお出汁の中で歯ごたえよくフレッシュに息付いています。

f0207669_15595749.jpg
<焼物> 上県産赤むつの塩焼き   (Webマダム撮影)

今が旬の赤むつをシンプルに塩焼きに。素材の味がぐっと生きています。極上の味でした。

f0207669_1604854.jpg
とれとれの赤むつ。見て下さいこの活きの良さ!  (Webマダム撮影)

f0207669_1611681.jpg
こうして串に刺して、丁寧に炭火で焼きあげます。  (Webマダム撮影)


f0207669_1615216.jpg
<揚物> 穴子揚げ、変わり穴子揚げ  (Webマダム撮影)

穴子のてんぷらと、穴子の春巻き風、対馬の穴子は揚げるとさっくりふわふわで、その淡白な美味しさはたとえようもありません。

f0207669_1622789.jpg
<箸休> 対馬の幸 魚貝グラタン  (Webマダム撮影)

ウニがトッピングされ、海の幸を贅沢に使った濃厚なグラタン。ため息ものです。

f0207669_163994.jpg
<強肴> ぼたんバラのしゃぶしゃぶ  (Webマダム撮影)

薄切りのいのししのバラ肉を味噌仕立てのしゃぶ鍋でいただきます。
味噌とぼたん肉の味が溶けあい、口の中でほろりとほどけます。

f0207669_17212854.jpg

<食事> 手打ちそば 

原種に近い、小粒で香り高い対州そばを手打ちにしていただきました。
職人魂のこもった素晴らしい逸品です。

f0207669_164237.jpg
<デザート> 変わりかすまき、蜂蜜とろとろアイス  (Webマダム撮影)

対馬の代表的な和菓子「かすまき」を磯ぎよし風にお洒落にアレンジ。
それに対馬の貴重な和蜂蜂蜜入りのアイスクリーム。その上にまた蜂蜜をたっぷりかけてあり・・フウッ ほっぺがおちそう。

f0207669_1642256.jpg

この日の出席者は33名。対馬の料理とお酒を思う存分堪能していただきました。
「大満足でした!」「対馬には美味しいものがこんなに沢山あるんですね!」
「こんどはぜひ対馬に行って、地元で楽しみたい。」との嬉しいご感想をいただきました。

対馬の旬の食材、その魅力を知る料理人、おいしい料理、存分に楽しんでくださったお客様たち。
心がほっと温かくなった素晴らしい出会いの一日でした。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2011-05-06 17:31 | たべる