ゆるキャラ「グリッピ」も癒される対州馬の魅力。

 10月1日から3日まで、福岡市植物園の開園30周年を記念して開催された対馬キャラバン。土曜日、日曜日は雨にたたられましたが、1日3回の対州馬乗馬体験のときは奇跡的に雨がやみ、多くの方に参加していただきました。
 福岡市植物園は休日には沢山の家族連れがお弁当を広げる福岡市民のオアシス。そこに現れた対州馬は、子どもだけでなく大人にも人気で「馬に乗るのははじめて!」という方や「もう一回のりたい」とお母さんを困らせる子もいてなかなかの賑わいでした。
f0207669_13481310.jpg

 対馬からやってきた対州馬の「福桜」と「福真」によると、一番印象的なお客様は福岡市花と緑のマスコットキャラクター「グリッピ」だったそうです。その「グリッピ」からは「福岡市民の心を癒すのが私の仕事ですが、今日は対州馬に癒されました」と感謝のコメントをいただきました。そんなヒーリング効果あふれる対州馬と触れあうイベント「初午祭」が対馬で開催されます。植物園に行けなかった方はぜひ対馬で癒されてください。

 2010初午(はつうま)祭
日時:10月17日(日) 午前10時~
会場:目保呂ダム馬事公園 (対馬市上県町瀬田)
内容:岡部幸雄さん(元JRAトップジョッキー)が参加する特別レース「対馬記念」、
乗馬体験など
 問い合わせ先:上県地域活性化センター 電話 0920-84-2311
f0207669_13493816.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-10-04 13:50 | あう