重要文化財「為政以徳」印は一見の価値有り!

 九州国立博物館には対馬藩宗家が残した文書などが収蔵されています。その数なんと14,741点。うち14,078点は国の重要文化財に指定されています。現在、九州国立博物館では文化交流展示室において、「対馬宗家図書と木印」などを展示しています。対馬藩が活躍した時代をうかがい知ることができる貴重な資料。また1階のミュージアムショップでは木印などをデザインしたクリアファイルやポストカード、メモ用紙などを販売中です。福岡市役所職員の方の名刺には、志賀島で発見された国宝「金印」(漢倭奴国王印)の印影がデザインされています。重要文化財である「為政以徳」印。対馬の活性化に利用できそうな気がしませんか。
※為政以徳・・・「論語」の言葉。「政(まつりごと)を為(な)すに徳(とく)を以(も)ってす」の意味。
f0207669_12464147.jpg

クリアファイル、メモ用紙などお土産にどうぞ!

九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2  電話092-918-2807(代表)
九州国立博物館ホームページ 「対馬宗家文書の世界」 http://www.kyuhaku-db.jp/souke/
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-08-27 12:53 | しる