対馬の深い歴史に酔う。『「対馬学」への招待』。

 第4回『「対馬学」への招待』を開講。7月18日日曜日晴天。暑いなか、これまた熱い歴史ファン・対馬ファン約70人がアクロス福岡に集いました。
 講師にお招きしたのは嶋村初吉さん。本業は西日本新聞記者ですが、西南学院大学非常勤講師、九州の中の朝鮮文化を考える会代表、アクロスの福岡文化誌編纂委員会委員、宮本常一を語る会主幹世話人、釜山にある釜慶(ぷぎょん)大学校・東北アジア文化学会の日本側理事など幅広く活躍されている方です。また嶋村さんは平成6年から現在までの16年間で、なんと65回も対馬を訪れる程の熱烈強烈な対馬ファン!!「対馬は私の第2の故郷だ」と対馬市応援団のメンバーとしても活動されています。

f0207669_14335923.jpg
          「対馬を語り出したらやめられないんです」と嶋村氏

f0207669_14345496.jpg
              会場は熱気に包まれています。

 今回のテーマは、「日韓交流と対馬アリラン祭~対馬の中の朝鮮文化、通信使を中心に~」。
講演では、対馬が日韓の文化交流に大きな役割を果たしたこと、日韓交流の歴史、対馬に残る渡来文化の足跡、「宝の島」といわれる対馬の様々な魅力を解りやすくお話しいただきました。軽やかな語り口で、温かいお人柄が溢れる講演でした。
 受講者の皆さんは、対馬の地図を広げメモを取りながら熱心に耳を傾けていらっしゃいました。「有意義な時間でした。」「あっと言う間に時間が経ちました。」「解りやすくて楽しかった。」「ぜひ対馬に行ってみたい。」という嬉しい感想をいただきました。

 そこで、朗報!タイムリーなツアーを紹介します。嶋村初吉さんと一緒に対馬・韓国の朝鮮通信使ゆかりの地を巡る旅です。歴史ファンにとっては旅を楽しみながら先生の語りを間近で聴ける絶好のチャンス!お見逃しなき様。

● 文化財を通じて楽しむ日韓交流「嶋村初吉氏とめぐる朝鮮通信使の足跡を訪ねて」
● 日程      10月16日(土)~19日(火)3泊4日
● 問い合わせ先 西鉄旅行               TEL 092(525)1989
            有限会社かたらんね(担当:松山) TEL 092(823)1689

f0207669_14351817.jpg

    
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-07-22 14:50 | しる