福岡事務所スタッフの長い夜

 今年の2月に春吉のホテル「イル・パラッツオ」で孝行麺を試食していただいた異業種交流会「VIVEの会」。今度はお持ち帰りいただくお土産として、孝行麺、対州そば、地鶏椎茸スープをセットで70人分お買いあげいただきました。今回はご予算に合わせて提供できるよう、対馬から商品を段ボールでまとめて送ってもらい福岡事務所でパッキングしました。
f0207669_1592282.jpg

f0207669_1510993.jpg

 会場は前回と同じイル・パラッツオ。まず「話題の農業ベンチャーが儲かる仕組みを作る」というタイトルで、食と農のコンサルティング事業や産地と売り手のマッチング(つなぎ手)事業などを手がけている会社の社長の講演。農業が魅力的な職業になり儲かる産業として成立する事を理念に活躍されています。そのあとは希望者によるプレゼンテーションで、この機を逃す手はありません。ご購入いただいた商品のPRです。
f0207669_15142993.jpg

 プレゼンの後は懇親会を兼ねて参加されたみなさんと名刺交換。対馬に行きたいという方、友だちが対馬にいるという方、仕事で行ったことがある方、そして対馬出身の方......講師の方に負けないよう対馬と福岡のつなぎ手となるべく情報収集です。会も無事に終わり、お帰りになる皆さんに「対馬の商品を気に入っていただけますように」と願いを込めて商品を手渡します。もちろん中には商品注文書が入っています。
f0207669_15165719.jpg

 すべてが終わり、「VIVEの会」事務局の方々と反省会。「次は対馬旅行の企画を!」と盛り上がったところでお開きになり、時計をみると日付が変わっています。とぼとぼと歩いて帰宅、博多駅筑紫口の「さあ間も無く我が家」というところで気がついてしまいました。ポケットに「あるべき物」がない事に。なんと全ての鍵を事務所の机の上に置いたままでした。(ガ~ン)家にも事務所にも入れません。仕方なくこの日はカプセルホテルで一夜を過ごしましたとさ。(阿比留)
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-05-13 15:18 | あう