春爛漫!神埼市で40本のヒトツバタゴを発見。

 佐賀県神埼市に大圓寺(阿比留俊雄住職)というお寺があり、敷地内に植えられたヒトツバタゴが見頃を迎えています。大圓寺のヒトツバタゴは、先代の阿比留孝生さんが40年ほど前に、故郷の対馬を思い3本の苗木を植えたのがはじまり。今では40本ほどに増え、ご近所の観光スポットになっているそうです。現在は、長崎市の禅の修行寺「哠台寺」堂長を勤められている先代。訪問した日は、大圓寺にお帰りになっていて運良くお会いする事ができました。
 最初に植えた3本のうち、今も残っている1本は、背も高く堂々とした枝振りでなにやら風格さえ感じさせます。また40本ものヒトツバタゴがお寺を囲む様子は、さながら上対馬町鰐浦にいるよう。ヒトツバタゴ前線ただいま北上中です。

f0207669_10553762.jpg

「気軽に見に来てください」とのことです。
 大圓寺 佐賀県神埼市枝ケ里341 電話0925-25-5431 

f0207669_1134198.jpg

 こちらは福岡市役所前のヒトツバタゴ。ビルの谷間でけなげに咲いてます。

f0207669_118550.jpg

 鳥栖駅前のヒトツバタゴ。後方はサガン鳥栖のホーム「ベストアメニティスタジアム」

f0207669_1112693.jpg

 もう一つ!九州自動車道 基山パーキングエリア(下り)で見つけました。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-04-27 11:12 | みる