寅年の主役は「ツシマヤマネコ」!

 ご存じの方も多いと思いますが、福岡市動物園ではツシマヤマネコの飼育下繁殖事業に取り組んでいて一般公開も行っています。
 年2回発行している「動植物園だより」の最新号である平成21年秋冬号の表紙を飾っているのは「ツシマヤマネコ」です。特集記事では「みんなで守ろうツシマヤマネコ」というタイトルで、ツシマヤマネコの生息数が減少している状況や福岡市動物園の取り組みについて詳しく紹介されています。
 動物園で公開されている2頭のツシマヤマネコは、時折聞くことのできる鳴き声がかなりの迫力。今年は寅年、福岡市動物園の主役は「虎毛の山猫」という意味で「とらやま」と呼ばれてきたツシマヤマネコかもしれません。

f0207669_9342161.jpg
          動植物園だより 平成21年秋冬号
[PR]
by tsushimafukuoka | 2010-01-08 09:39 | みる