第3回対馬物産展。天神の街の一角を対馬色に染めました。

11月12日(木)~14日(土)の3日間、福岡市中央区天神NTT西日本ふれあいHIROBA171にて、第3回対馬物産展を開催しました。前回紹介しました「!な島です。対馬」の真新しいのぼり達が天神の空にはためきました。
f0207669_1642699.jpg

前々日からお天気が悪く、強風と高波の影響で対馬からの飛行機やフェリーが欠航しひやひやしましたが、みんなの熱い思いが通じたのか、当日には復旧し開催に漕ぎ着けました。あいにく中日は雨になりましたが、お天気の悪い中たくさんのお客様に御来場いただき大盛況でした。(12日にはKBCラジオ「ひまわり号」の取材も受けました!)

対馬からは8つの業者さんが出店。サザエ・アワビ・ヒオウギ貝・岩牡蠣などの海産物。アジの開き・イカの一夜干し・アナゴの開き・いかしゅうまい・佃煮・カジメ・岩ノリなどの水産加工品。それから蜂蜜やしいたけ、対馬の定番お菓子「かすまき」など本当に盛りだくさんです。
特に対馬の海産物は新鮮で美味しいと、この日を待って訪れてくださったお魚ファンの方々も大勢いらっしゃいました。

今回は「対馬しいたけフェアIN福岡」も同時に開催。試食で用意したバター焼きの何とも香ばしい匂いが会場じゅうに流れました。「乾しいたけのバター焼きなんて初めて!」「歯ごたえとジューシーさが最高!」「この味と香りは他にはないですね。」などの感想をいただきました。また会場中央で行われた乾しいたけの詰め放題では、用意したしいたけが完売になるほどの人気でした。
f0207669_1662032.jpg

「せんそば」と「ろくべえ」の試食も大好評でした。サツマイモを水に漬けて発酵させるなど多くの手間をかけて作られたデンプン(セン)を用いた対馬独自の麺料理です。熱いだし汁をかけていただきます。(なんと美味しいこと!)。対馬出身者の「あぁ、懐かしか-」という声。「この麺はいったい何で出来てるんですか?」という質問。「ランチ食べてきたばかりで満腹なんです」と言いながら、一口啜り「ウマイなー!!」などなど、嬉しい感想をいただきました。

そして恒例となった餅まきでは、御近所のお店の方や御家族連れも沢山参加され、餅が空中にまかれる度に「ワーッ」と歓声が上がり、お祭りムード全開です。(実はお餅の中に割引き券を忍ばせていたんですよ。)
f0207669_1675335.jpg

ふわふわ毛皮の可愛いツシマヤマネコ君も登場。触られたり撫でられたり握手をせがまれたりと子供たちや女子高生たちにモテモテで照れておりました。

14日は長崎から参加していただいたアコースティックバンド‘EGサウンズ’のライブコンサートが開かれ、素敵な歌声が会場に響きました。

今回で3回目の対馬物産展。これからも開催していく予定です。
会場を訪れてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
今回来られなかった方も次回は是非足をお運びください。対馬の美味しい海の幸山の幸がお待ちしております。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-11-18 16:09 | あう