九州自動車道古賀サービスエリアで「とんちゃん」を発見

先日、企業誘致関係の仕事で直方に行った帰り、九州自動車道の古賀サービスエリアで「とんちゃん」(対馬の焼き肉料理。唐辛子とニンニクたっぷりの甘辛いたれにつけ込んだ豚肉を焼いたもの)を食べてきました。先月、仕事で下関に行った帰りに発見したのですが、その時は別のメニューを注文した後に気付いたため、食べることができませんでした。今回は、お昼の時間帯に通過するので、是非!と思い食べてきました。

「とんちゃん」という名称にはなっていましたが、アレンジが加えられていて、焼き肉ではなく煮込み鍋でした。そのため、豆腐やチャンポン麺が入っていて、味も味噌(コチジャン?)の味が効いているなど、対馬の「とんちゃん」とはかなり違ったものでした。

オーナーが下関の「とんちゃん」(下関にも「とんちゃん」という名称のホルモン料理があります)をメニューに加えたいと提案したところ、従業員に対馬出身の方がいらして、「とんちゃんは豚肉でしょ!」という意見があり、対馬の「とんちゃん」をアレンジしたメニューになったということです。2年半前から出されていて、1日に平均20食ぐらい出ているそうです(今は暑さのせいもあってちょっと少なめ)。

驚いたのは、「とんちゃん」を食べるための専用ルーム、その名も「とんちゃんルーム」(30席)が作られていることでした。匂いがきついからでしょうね…。小さい頃、とんちゃんを食べた人がバスに乗るとバス中に匂いが充満し、「誰か、とんちゃん食ったやろっ!」とよく言っていたことを思い出しました。

対馬の名物が島外で売られていることは嬉しいのですが、やはり対馬人としては、オリジナルのほうがもっと美味しいのに…と思ってしまいました。対馬が誇るべきB級グルメ「とんちゃん」を売り込む作戦を練ってみようかなと考えています。(武末)

とんちゃん定食 980円(税込)
一つずつコンロに鍋がセットされて出てきてかなりの迫力!ご飯もおかわり自由!
f0207669_1328214.jpg


こちらが、とんちゃんルーム!
f0207669_13281289.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-08-28 13:30 | たべる