超ゴージャスな方々に対馬を売り込んできました

5月20日から22日にかけて、マリンメッセ福岡で開催されていた「第19回西日本食品産業創造展」に行ってきました。様々なブースを見て回った後、私(早田)が心を躍らせて向かった先は、『本物の仕事師とは~人として、料理人として、経営者として~』のセミナー会場。

■第19回西日本食品産業創造展 http://www.nikkanseibu-eve.com/food/

「フランス菓子16区」の三嶋隆夫社長がコーディネーターを勤め、元ハウステンボスホテルズ総料理長で「パティスリーカミーユ」オーナーシェフの上柿元勝氏、「ラ・ロシェル」オーナー総料理長の坂井宏行氏、「シャトー文雅」オーナー総料理長の田島明武氏がパネリストという、夢のようなセミナー!!しかもこのセミナー、参加者全員に16区のブルーペリーパイがふるまわれました。(「こんなにまでしていただいて…」と恐縮な気持ちにさえなりました)。

特に印象深かった金の言葉
「料理は食べてくれる人がいて完成する。作り手の独りよがりな料理ではなく、食べてくれる人が喜んでくれるものを作り続けることができなければならない。それには相当な強い”想い”が無いとできない」。
シャトー文雅 オーナー総料理長 田島明武

セミナーの後、畏れ多くも、この4名の方々とお名刺交換や記念撮影などをさせていただきました。さらに、「盗人猛々しい」ではありませんが、ついでに対馬の売り込みまでもさせていただきました。田島シェフは「対馬にまだ行ったことがなくて一度行ってみたいと思っています」とおっしゃられたため、「その際はコーディネートさせていただきますっ!」と力強くお返事させていただきました。また、坂井シェフは蕎麦が大好物ということなので、「対馬の蕎麦粉は日本一ですからお送りいたしますっ!」とお伝えしました。(近日中に発送予定)。そして、上柿元シェフが会場を離れられる際、「あ、ちょっと、対馬の人…」と声をかけてくださいました。なんとまあ「対馬って長崎県よね?僕は”長崎県観光マイスター”として長崎県の仕事をしているから対馬のことも何かできれば…」と。こんな風に個別にお話しができるとは思ってもいませんでしたので、かなりかなり興奮いたしました。

せっかくこのような機会をいただいたわけですし、本業以外にも様々な活躍の場をお持ちのたいへんご多忙な方々ではありますが、どなたかと良いパートナーシップを結ぶことができるように取り組んでいきたいと思っています。

■フランス菓子16区 http://www.16ku.jp/
■ラ・ロシェル http://www.la-rochelle.co.jp/
■シャトー文雅 http://www.bunga.jp/


左から坂井シェフ、早田、上柿元シェフ、三嶋社長。
f0207669_1604354.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-05-25 16:00 | あう