「スローフードすぎなみTOKYO」の方々へのプレゼンについてのご報告

5月10日(日)の午前、「スローフードすぎなみTOKYO」と「スローフード東京」のメンバーあわせて7名の方に対し、対馬のこと(特に対馬の郷土料理)について、早田がプレゼンさせていただきました。

ざっとした流れは、①対馬のあらまし(人口・産業・位置・アクセスなど)、②対馬の観光資源について(観光パンフレットをテキストとして使用)、③対馬の特産品について(冷蔵冷凍商品は難しいので、せんだんご・そば・海草類・塩・蜂蜜を紹介)、④対馬の観光物産に関する問題点についてディスカッション、⑤そばがき・ろくべえ・塩・蜂蜜の試食です。最後の試食では、「そばがき」と「ろくべえ」をたいへん喜んでいただきました♪

代表者の佐々木俊弥さんと奥様の佐々木紀子さん、名古屋文理大学健康生活学部フードビジネス学科の中村麻理准教授、フリージャーナリストの掛川正幸さん(日本ペンクラブ会員)、斉藤由紀子さん、ほか2名の方にご参加いただきました。みなさん、日本の食文化に関する有識者の方々ばかりです。というわけで、貴重なご意見をたくさん頂戴しました。その一部をご紹介させていただきます。

・雲仙市や筑後地方のスローフード運動が盛んなので、アドバイスをいただいたり、何か一緒に取り組めたらおもしろいと思う。

・産学官で協業できればうまく行く可能性が高い。山形大学+山形県+レストラン「アル・ケッチァーノ」の事例は非常にうまくいっている。一人の教授と協業ではなく、大学と協業するのがポイント。

・「かじめ」は成分分析の依頼をしてみてはどうか。「○○に効く」というようなことが判明すれば、一気にブームになる可能性がある。

・著名なシェフに対馬の食材を使用してもらい、「“対馬の○○”がおすすめ」というように言っていただけると非常に影響力がある。そういう人たちを巻き込んでいけたらいいと思う。

・地元の人に元気があって楽しくやっていれば、そこに吸い寄せられるように人が集まってくるもの。まずは地場の産業がしっかり盛り上がらなければ。ぜひそういう仕掛けをしていってほしい。

スローフードすぎなみTOKYO代表者、佐々木俊弥さんのブログ。
こちらで当日の様子をご紹介いただいています。
□さりげなく★スローフード http://ameblo.jp/toshi-shun/

※今回のプレゼンの機会は、早田が運営しているWEBサイト『対馬の樹』を通していただきました。お話しをいただいたのは3月頃。そのため、今回は個人的に東京へ行ってきました。とはいえ「対馬市福岡事務所の早田さん」という認識のされ方でしたので、ご意見等々は対馬市に対していただいたものと考えました。というわけで、こちらのブログでご報告させていただきました。


プレゼン当日の様子。
f0207669_9473499.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-05-14 17:40 | あう