「ほっ」と。キャンペーン

フェリー「げんかい」乗船記

今日の記事は、ゴールデンウィークに対馬に帰省していた武末の、“フェリー「げんかい」乗船記”です。対馬へは娘と二人、福岡への戻りは一人で(娘は一足先に飛行機で)。乗船記は、一人旅の模様が記録されています。(やや哀愁漂う?!)。ではどうぞ、お楽しみくださいませ。

福岡事務所で観光案内をする上で、よく分からないものは話せないと思い、あえて比田勝(ひたかつ)航路のフェリー「げんかい」を選びました。比田勝航路は4~5年ぶりで、比田勝出航となると、かれこれ10年以上も乗っていませんでした。一昔前までは、比田勝~小倉航路だったため、比田勝~博多航路は初体験。フェリーの名前も「あがた」から「げんかい」に改められ、この「げんかい」に乗ったのも初めてです。

最大の関心事は乗客がどれくらいかということでした。ゴールデンウィークを過ぎたこともあり、待合室内をみてもチラホラしかなく、「これでゆっくり横になれる」と一安心(船会社としては安心事ではないでしょうけど)。そして、切符を買っていざ乗船。聞いていた通り、以前の「あがた」からすると、かなり狭いと感じました。船内を見渡すと知人がいたので、とりあえずその隣に自分のスペースを確保。その後、出航の様子を見るために、客室後ろのデッキへ回りました。

フェリーターミナルに目をやると、そこに勤めている知人が、2階の窓から船の後ろを指さしていました。振り返ってみると、我々の乗っているフェリー出航の妨げになるということで、韓国行きの高速船「シーフラワー」が岸壁から離れているところでした。韓国へは高速船が就航しているというのに、自分はこんな小さなフェリーか…と少し複雑な気持ちになりました。

いよいよフェリーが博多に向けて出航。私の中でフェリーというのは別れのイメージが強く、今まで多くの知り合いが転勤のために、また、子供たちが就職や進学のため対馬を離れていったことを思い出し、一抹の寂しさを感じました。

比田勝港を出港すると、360度ぐるりと海ばかりの風景が続き、ちょっと退屈になってきたために船内へ。船内放送で、博多港到着時刻等が告げられ、最後に「退屈ですが暫くの間ご辛抱下さい」というような一言が添えられました。船の中にはテレビがあるくらいで、しかも出港時にはついていませんでした。「いやいや、暫くじゃないし…。これじゃ辛抱できんばい。だけんフェリーを使わんったい」と思わず心の中で突っ込んでしまいました。(九州郵船さんごめんなさい。でも正直な感想です)。

そこで私は、ヘッドフォンステレオで音楽を聴きながら、持ち込んだ小説を読むことにしました。船の中で本を読むと船酔いすると言われますが、私は小さい時から船に強く(漁師のせがれだから?)酔ったことはほとんどありません。また、この日は時化を期待していたのですが(よく揺れると聞いていたため、そのレポートができればと思ったのですが)、あいにく凪のため、ゆっくり読書ができました。私の周囲でずっと寝ている人たちは、博多に着くまでの辛抱と言わんばかりに、ひっそりと耐えていたような気がしました。

途中、外の空気を吸おうとデッキに出て、海に沈む夕日や行き交う船を眺めました。(船内にいたら全く何も見えないため)。フェリー独特の臭い、テレビの音、周囲の人の寝息などに囲まれていると、何となく外へ出たくなります。それに、女性がこの空間で、見ず知らずのおっさんのそばで横になるのは、かなり辛いものがあるんじゃないかなと感じました。30年以上もサービスが変わっていないのはどうなんでしょうかね…。もう一工夫欲しいところです。

今回の私の船旅は、持ち込んだ小説と乗船記を書くという使命のおかげで、あまり退屈せずに済みました。(数ヶ月の単身赴任生活でずいぶんと一人に慣れたからかもしれません)。旅のフィナーレを飾ってくれたのは、福岡ドーム、福岡タワー、ライトアップされたマリノアシティの観覧車、高層マンションの窓の明かりなど。海から眺める博多の夜景は奇麗でした。

ちなみに、この日の乗客は、私を含め17名(ほとんど地元住民)、2等客室1スペースに約3名ずつといった贅沢さでした。ただ、この航路を観光客に勧められるかというとちょっと難しいのかなという気もしました。私のようなおっさんは平気でしょうが、混雑時、時化の時は、かなり厳しいものがあると思います。対馬と九州本土の距離は縮まらないわけで、距離を感じさせないような仕組み、船旅を楽しめるような工夫が必要です。私たちに課された課題の大きさを感じさせられる旅でした。

●フェリー「げんかい」の料金などについて(平成21年5月時点)
2等船室 大人片道 5,330円(税込)
比田勝発15:05~博多着20:55
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-05-11 17:02 | しる