新博多駅に対馬の特産品をばっ!

4月22日、JR九州リテール㈱の営業の方が来られました。キヨスクなどJRの駅ビルにある商業施設を管理運営している会社で、2011年3月にオープン予定の新博多駅ビルについてご説明いただきました。

現在、JR博多駅は大規模な工事が進められ、九州初の「阪急百貨店」や「東急ハンズ」などが入った、これまでとは全く様相を変えた豪華なビルに生まれ変わります。このビル内には、九州全域から集めた特産品を展示販売するフロアが設けられ、贈答品用の箱入りのお菓子をばら売りするコーナーや、地酒コーナー、九州の老舗の味噌や醤油などを使った朝ごはんが食べられるコーナー、新幹線のホームに九州の駅弁コーナーなどなど、かな~り魅力的なプランを練っておられます。ここに、対馬の特産品も紹介したいという、たいへんありがたいお話しをいただきました。

全国各地の駅ビルはあちこちで再開発が進められ、不振にあえぐ百貨店業界において、駅ビル店に関してはいずれも好成績をマークしているということです。また、利用客のおおむね6割が、地元ではなく外部の方で、旅行客やビジネスパーソン。そのため、贈答用ではなくスーパーよりもちょっと上のランクのデイリー用(自分用)のご当地ものが人気なのだそうです。

2011年3月、この新博多駅ビルに、対馬の魅力的な特産品がずらっと並ぶ日を目指し、準備を進めて行きたいと思いますっ!


九州旅客鉄道㈱による商業施設出店の案内カタログ、
その名も「熱い博多が動く。」の表紙と裏表紙
f0207669_11413554.jpgf0207669_11545711.jpg
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-23 11:41 | あう