福岡市動物園に行ってきました!

先にご紹介した、福岡市動物園のイベントに阿比留(あびる)が行ってきましたので、ご報告いたします。

福岡市動物園ではツシマヤマネコの飼育下繁殖事業に取り組み、園内では10頭が飼育され、この内の2頭が一般公開されています。公開されているのは、対馬生まれのオスと福岡市生まれの若いメスで、別々のゲージで飼育されていますが、実の父と娘の関係。父親は福岡市動物園の繁殖事業に貢献し、実に20頭もの子どもをもうけたそうです。ご立派!

イベントでは、ツシマヤマネコ飼育担当の永尾英史さんが、ゲージに入ってエサの鶏肉を与えた後、ツシマヤマネコがどんなものを食べているのか、また絶滅の危機に瀕していること(推定生息個体数が80頭から100頭)などを説明されました。

棹崎の野生生物保護センターで何度も見ていたツシマヤマネコですが、ガラス越しではないため、その息づかいが伝わってきて、かなり迫力がありました。メスが鶏肉にかぶりつき始め、鳥の骨をかじる「バリッバリッ」という音まで聞こえてきたときは、野生のパワーを感じました。生餌(いきえ)としてマウスやひよこも与えているそうですが、このときはさらに見応えがあるそうです。オスは、かなり高齢(12歳~14歳くらい)のせいか、見物客が多くて緊張したせいか、なかなかエサに手を出しませんでしたが、1時間ほどしてようやく食べ始め、元気な姿を見せてくれました。

永尾さんがツシマヤマネコを担当されるようになって5年。今の時期は、これからやってくる出産のことが気になるそうで、「5月から6月には赤ちゃんが生まれたというニュースをお知らせしたいですね」と語ってくれました。会場では、対馬出身のおじいちゃまにもお会いし、対馬のことについておしゃべりしました。

〈お知らせ〉
福岡市動物園では、「動物サポーター会員」を募集中です。寄付金は一口1,000円で、何口でも申し込み可能です。特典は、年2回発行の『動物園だより』のお届け、1年間無料入園できるパスポート発行、サポーター限定のイベントにご招待などです。詳しくは直接お問い合わせください。

福岡市動物園 http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/
〒810-0037福岡市中央区南公園1-1
TEL/092-531-1968
●開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
●休園:月曜日(祝日の場合は翌日)
●入園料:大人400円、高校生200円、中学生以下と福岡・北九州・熊本・鹿児島各市の65歳以上の人は無料。

エサを食べるツシマヤマネコ
f0207669_15384116.jpg

[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-20 15:40 | あう