4月19日は「飼育の日(しいくの日)」だそうで

福岡市動物園のイベントが、4月17日の西日本新聞朝刊で紹介されていましたのでお知らせいたします。

福岡市動物園では、4月19日を「飼育の日(しいくの日)」とし、ツシマヤマネコなどの獣舎約20ヶ所で、動物の特徴や生態などを市民向けに説明するイベントを開催します。「飼育の日(しいくの日)」は、東京の日本動物園水族館協会が創立70周年を記念して今年定めたもので、各地の動物園や水族館で催しが開催されます。

(それにしても、365日、色んな日があるものですね。ちなみに4月19日は、1800年に伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発した日ということから、「地図の日,最初の一歩の日」でもあるそうです。“最初の一歩の日”かぁ、少しだけしみじみ。さらに、ちなみに、伊能忠敬は1815年に対馬を測量し、それをもって有史以来初の日本地図が完成しました)。

福岡市動物園は、全国で初めて、ツシマヤマネコの人工飼育に成功しました。イベントでは、一般公開されている人工繁殖のメス、対馬市で保護されたオス、それぞれ一匹について説明してくれるそうです。ツシマヤマネコの説明会は午前10時半からで、その後、レッサーパンダなど他の動物に関しても順次説明されます。

おチビちゃんを連れてご家族で、ご夫婦で、カップルで、もちろんお一人でも、楽しめるイベントではないかと思います。ぜひぜひお出かけください。


福岡市動物園 http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/
〒810-0037福岡市中央区南公園1-1
TEL/092-531-1968
●開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
●休園:月曜日(祝日の場合は翌日)
●入園料:大人400円、高校生200円、中学生以下と福岡・北九州・熊本・鹿児島各市の65歳以上の人は無料。
[PR]
by tsushimafukuoka | 2009-04-17 14:33 | しる